ホ・オポノポノ ヒューレン博士 ジョー・ヴィターレ ハワイの秘法 船井幸雄 記憶を癒すアロマがあなたを救う! 兄の葬儀を終えて

2009'05.08 (Fri)

兄の葬儀を終えて

09-05-07_002.jpg


兄のお通夜・告別式が無事に終わりました。


戒名は「螢徹茂道信士」。
真理を悟り誠実で仏道の功徳を極め生涯を全うした」という意味です。


喉を詰まらせて窒息死で亡くなったのに、とても穏やかな顔をしていた。

それも日ごとにますます穏やかになっていく。
告別式の日には、かすかに微笑みさえ浮かべていた。


56年間の生涯のほとんどを、精神的にも、肉体的にも障害者として過ごした兄。

兄は、私のために、家族のために、障害者となる道を選んだのではないかと思えるほど、不思議な人生を送っていた。


今でも28年前のあの日のことを忘れることはできない。

6月のある日のこと、国鉄横浜駅から電話があった。

「河合茂実さんのご家族ですか」(河合茂実というのは兄のことです)「はい、そうですが…」「茂実さんが、横浜駅で電車に触れられまして、けがをして、病院に運ばれました」

兄が、横浜駅で京浜東北線の電車に飛び込み自殺を図ったときの電話です。


このときからホ・オポノポノに出逢うまで、僕は自分の人生に「不幸」というラベルを貼り付けたのです。

そして、ついに兄は、私のために、河合家のために、これ以上障害者としての人生を送る必要がなくなったと感じたので、安心して旅立っていったのだ。


お兄ちゃん、今まで本当にありがとう。

安らかに、お眠りください。









ごめんなさい。
許してください。
ありがとうございます。
愛しています。
↓↓

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



■Mixiコミュニティ『ホ・オポノポノ研究会』
http://c.mixi.jp/hooponopono


■「豊かに成功するホ・オポノポノ」トップページに戻る■
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ホ・オポノポノ - ジャンル : 心と身体

タグ : ホ・オポノポノ ジョー・ヴィターレ 船井幸雄 ザ・シークレット ヒューレン博士 豊かに成功するホ・オポノポノ

23:25  |  ホ・オポノポノ  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

河合様

はじめまして。
去年、引き寄せの法則と出会い、編集のにしきさんのブログを読み始め、
河合さんのことを知りました。

お兄様のご葬儀、大変お疲れ様でした。
私の周りで起こったことと少し重なって、
投稿せずにはいられなくなって、書き込みしています。

私は、2年前からロサンゼルスで生活をしています。ここに来た日、今も(一応)付き合っている彼と出会い、彼の家族とも親しくなりました。彼のお母さんの家が、たまたまホームステイ先だったのです。彼は5人兄弟姉妹。
一人っ子で5年前に最愛の父を亡くした私からしてみれば、お父さんお母さんが健在で、兄弟姉妹がみんな近くに住んでいて、いつも一緒でうらやましい限り。私も家族の一員としてかわいがってもらい、彼のお母さんの家を出てからも、どうしてるかと連絡をもらうような仲になりました。

そんな日々の矢先、今年の1月末、彼のお兄さんが43歳で自ら命を断ちました。鬱病気味だったとのことですが、そんなに深刻には見えなかったし、いずれよくなるだろうと思っていたので、とても衝撃を受けました。

ちょうど、亡くなったという知らせを受けた前後、ホ・オポノポノの4つ言葉を知って、通夜と葬儀の間もずっと心の中でクリーニングしていたら、とっても不思議な体験をしました。内容は割愛しますが、とにかくお兄さんの魂が生きていることを感じたんです。その後、私の父の魂が生きていることも、もっと実感できるようになりました。

私と彼は、いつも一緒にいられる関係ではなく、付き合い始めてからも、それについてはずっと苦しんできました。そしてさらに、彼のお兄さんのことも重なり、一時は孤独感に襲われ、私と母の将来ついて不安になり、先日までは何をしていても泣きたくなって、闇の中を歩いているようでしたが、引き寄せの法則を読み返し、ニールさんの本を読み、極めつけはやはりホ・オポノポノでひたすらクリーニング。おかげで今はすっかり心が落ち着き、愛で溢れています。

彼と彼の家族、そして亡くなった彼のお兄さんの奥さんと子どもたちは、今もまだ深い悲しみの中にいます。彼のお兄さんが、なぜ死を選んだのかは誰にもわからない。そこに意味はなくて、ただそうしたかったからかもしれない。残された家族が、これからどう解釈するか、どう消化していくかわかりませんが、私と同じように、お兄さんの魂が永遠であることを受け止めて、一日も早く悲しみから解放されることを願います。

長文すみません。
河合さんの活動を心から応援しています。
いつかお会いできたら幸いです。
Jazz Singer | 2009年05月09日(土) 10:45 | URL | コメント編集

ありがとうございます!

Jazz Singerさん、素晴らしいシェアをありがとうございます。

その方も、そしてお父様も、私の兄と同じく、姿・形が見えなくなっただけで、魂はいつまでも生き続けていると思います。

私もいつかお会いできたら嬉しいです。
実は、ジャズ、特に女性ヴォーカルは好きな方なのです。

とんとん | 2009年05月16日(土) 08:17 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲TOP

 | HOME |