ホ・オポノポノ ヒューレン博士 ジョー・ヴィターレ ハワイの秘法 船井幸雄 記憶を癒すアロマがあなたを救う! 幸せを呼ぶ自愛メソッド 「ザ・シフト」

2016'03.08 (Tue)

幸せを呼ぶ自愛メソッド 「ザ・シフト」

人生を成功させる最大の秘訣は、自分を愛すること=自愛です。
ホ・オポノポノでは、ウニヒピリ(潜在意識)との対話を最も重要視しています。ウニヒピリとは、自分自身のことです。まず、自分自身と対話し、自分の気持ちを大切にすること、つまり自分を愛することが、ホ・オポノポノの大前提なのです。

ハート赤色

2008年12月29日、胸に激しい痛みを感じて、すぐに病院でカテーテル検査を受けました。
その結果心臓の血管が6か所も詰まっていることがわかり、「重症多枝急性心筋梗塞」と診断され、わたしは心臓バイパス手術を受けることになったのです。
 
手術の前日、死を覚悟したわたしは家族全員に遺書を書きました。
そして、心臓を停止させての8時間の大手術は無事に成功したのです。
この体験は、わたしの人生観をまったく変えてしまいました。まさにウェイン・W・ダイアー博士の『ザ・シフト』で言うところの“クオンタム・モーメント(飛躍的瞬間)”です。
 
何しろいつ死ぬかわからないわけですから、本当に大切なことしかしたくない、する必要がない、と心から思ったのです。心筋梗塞という病気を通じて、“心のなかの断捨離”が自然にできたのだと思います。
  
それはまた『自分を愛する』ことに目覚めた瞬間でもありました。

それまでのわたしは、自分のことや家族のことを後回しにして、世間体のために、見栄のために、現実世界から逃避するために、他人に奉仕すること、貢献すること、もっと言えば、お世話をすることを第一にして、いつもやせ我慢や無理を続けて来たのです。
 
行動の最大の判断基準が、注目されること、耳障りのよいこと、どうよく思われるかにあったのです。つまり、他人からどう思われるか、そのためだけに無意識のうちに生きて来たのです。
 
わたしは、とても淋しい子供時代を過ごして来ました。愛情に飢えて育ちました。
それが原因で、人からどう思われるかに命を注いで来たのです。ですから、自分をいつも他人と比較しながら行動することに心血を注いできたのです。
 
本来は、昨日の自分と今日の自分を比較するべきなのに、いつも他人との競争に勝つことだけを考えて生きてきたのです。
いつしかわたしは「自分のために生きる」のではなくて、「他人との比較のために生きる」人生を送っていたのです。
 
その結果が「重症多枝急性心筋梗塞」という病気となって現れたのです。
そして、心筋梗塞になって生死を彷徨ったことが、精神的にも肉体的にも、自分を愛すること、慈しむことの大切さ、家族を愛することの大切さを教えてくれたのです
 
これからは自分の身体と心、そして愛しい妻を大切にしたいと思うのです。自分自身を愛し慈しみ、家族を愛することに残りの人生をかけたいと決意したのです。


《自愛塾スケジュール》
http://bit.ly/1dhKN5V

この投稿はシェア、転載自由です。
幸せのおすそ分けをどうぞ。



応援お願いします
↓↓↓↓↓↓↓

哲学・思想ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ


■facebook「自愛メソッド公式ページ」
https://www.facebook.com/jiaimethod

■facebook「河合政実公式ページ」
http://www.facebook.com/tontonponopono

■メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001422630.html

■YouTube「自愛チャンネル」
http://qq2q.biz/lUKG

■Androidアプリ「自愛メソッド」(月額324円)
http://qq3q.biz/lUL6

■ツイッタ―
https://twitter.com/tontonponopono

■自愛塾スケジュール
http://bit.ly/1dhKN5V

■「 豊かに成功するホ・オポノポノ」トップページに戻る■
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自分を愛する - ジャンル : 心と身体

18:03  |  自愛メソッド  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲TOP

 | HOME |