ホ・オポノポノ ヒューレン博士 ジョー・ヴィターレ ハワイの秘法 船井幸雄 記憶を癒すアロマがあなたを救う! 聖地シャスタツアー Cグループレポート(9/18~25)

2015'10.03 (Sat)

聖地シャスタツアー Cグループレポート(9/18~25)

2015年シャスタツアーCグループをレポートさせていただきます。

前泊組みと関西組みが合流して、サンフランシスコからシャスタへ出発。
ここ数日ないような快晴です。
シャスタ到着後、シャスタの雪融け水が500年をかけて湧き出ている、サクラメントヘッドウォーターへ。

C1サクラメント川の清流


治癒力があると言われている聖水を汲みました。

C1サクラメント川水汲み


シャスタ滞在中に、このお水を生活水として使います。

夕食は、タイ料理のお店で、ミッチーのお誕生会も兼ねて、楽しい時間を過ごしました。

C1タイ料理のお店で


そして、宿泊先のエンジェルハウスでも、深夜まで飲み会をいたしました。

C1深夜飲み会


明日は、パンサーメドウとハートレイクに行きます。


●シャスタツアー2日目● 9月19日(土)

昨日につづき、今日も快晴です。

まずは、シャスタ山の中腹にある“聖なる湿地滞”のパンサーメドウへ。
今日のパンサーメドウは、神聖で、静寂な、ただならぬ雰囲気に包まれていました。

誰一人いない状態で、自愛メソッドインフィニティーを行い、スピリッツ参加者にパンサーメドウのエネルギーに、インフィニティーのエネルギーを加えて送りました。(10時10分)

C2パンサーインフィニティ


パンサーメドウで、受け取ったメッセージ。
『わたしはわたし。わたしは完璧。わたしは愛。わたしは風。わたしは水。
わたしは、あるがままに、自由に、吹き、流れる。わたしはわたし。それ以外の何者でもない』


午後からはハートレイクへ。

C2ハートレイク2
キャッスルレイク

ハートレイクへのトレッキングは、標高1660メートルにあるキャッスルレイクからスタートします。


C2太陽


C2井崎さん


パンサーメドウも、そうでしたが、今日のシャスタは、普通ではありませんでした。
どこでもカメラを向けただけで、光やオーブが自然と入ってしまうのです。本当に凄かったです。


C2ハートレイク


そのハートレイクで、自愛メソッドインフィニティーを行い、ハートレイクのエネルギーとともに、自愛メソッドインフィニティーのエネルギーを、スピリッツ参加者に送らせていただきました。(13時44分)


C2パンサーメドゥ


ハートレイクで、受け取ったメッセージ。
『わたしの心を愛で満たすのも、憎しみで 満たすのも、すべてわたしの心次第。わたしは、わたしの心を愛で満たす』


C2太陽2
ハートレイクの湖畔から撮映した写真


そして、ハートレイクの上にある山へ登頂トレッキングをいたしました。


C2しゅんくん
途中の断崖絶壁で・・・


きつい傾斜もありましたが、何とか1時間半後に頂上に到達いたしました。


C2とんとん山


シャスタ、ブラックビュート、キャッスルクラッグスが一望できる、絶景です。


C2とんとん山集合写真


最終的に、下山時間を含めて5時間の登頂トレッキングとなり、過去最短の登頂トレッキングとなりました。

素晴らしいCグループの第2日目を終えることが出来ました。


●シャスタツアー3日目● 9月20日(日)

本日も雲ひとつない快晴です。

今日は、4時に起床して“メディスンマン”と呼ばれるシャーマンが、今なお修行の場にしている、癒しの湖のメディスンレイクでの日帰りキャンプです。

メディスンレイクは、標高2000メーターを超えるカルデラ湖です。(日本には2000メーターを超える場所に湖はありません)

9月とはいえ、早朝は零度近くになります。

そのメディスンレイクでご来光を仰ぎながら、全員で自愛メソッドインフィニティーを行い、スピリッツ参加者にメディスンレイクのエネルギーとともに、自愛メソッドインフィニティーのエネルギーを送らせていただきました。(7時7分)

C3メディスンインフィニティ


C3メディスンご来光

メディスンレイクで、受け取ったメッセージ。
『考える必要はない。何も考えるな。人間の考えほど浅はかで無駄なものはない』

午後からは、皆さんお待ちかねの沐浴。(なお、全裸になった方もいましたが、自発的なものです。写真は非公開とさせていただきます)

C3メディスン沐浴


井崎さんの愛情たっぷりの夕食をキャンプファイアーの炭火でいただいた後、感動のシャスタに沈む夕陽の鑑賞へ。


C3シャスタ夕日

ここは、メディスンレイク近くの秘密の場所です。

C3シャスタ日没

そこで、受け取ったメッセージ。
『すべては完璧。だから自分を縛りつけているのは記憶にすぎない。すべてを手放し、自由になれ』


日曜日にも関わらず、他のキャンプをしている人に遭遇することもないくらいの静かなメディスンレイクでした。

夜にはUFOにも遭遇しましたが、わたしはUFOも記憶のひとつにすぎないと思っています。

すべての問題や病気を癒し、呑み込んでくれる、神秘の湖のメディスンレイク。

是非一度訪れてみてください。
きっとあなたの人生がシフトすることでしょう。


●シャスタツアー4日目● 9月21日(月)

なんと4日連続の快晴です。

今朝は、午前中にミネラル温泉に行く予定でしたが、月曜営業が午後からになったとのことで、予定を変更して、まずはバーニーズフォールズへ。

バーニーズフォールズは、カルフォルニア州で最も美しい滝と称され、女神と精霊の集まる場と言われています。


バーニーズフォールズは、過去に何度も行っていますが、今までにないくらいに、滝の息づかいが感じられるほどのエネルギーと、強力なマイナスイオンを感じました。

バーニーの滝3


バーニーの滝2


そして、バーニーズフォールズの滝壺で、全員で自愛メソッドインフィニティーを行いました。

バーニーの滝インフィニティ

バーニーズフォールズのエネルギーとともに、自愛メソッドインフィニティーのエネルギーを、スピリッツ参加者に送らせていただきました。(13時13分)

バーニーの滝1


バーニーズフォールズで、受け取ったメッセージ。
『宇宙は完璧に創られている。不完全なものはない。
すべての悩みや問題の原因は不完全だと感じるところから始まる』



午後からは、待望のミネラル温泉へ。

強力なアルカリ性の温泉、薪のサウナ、清流での沐浴がセットになっています。

昨日のメディスンレイクで沐浴をしたので、皆さん怖いものなしです。

全員が全裸で、冷たい清流に入りました。(一緒ではなく、一人ずつです。誤解のないようにお願いします)

なお、温泉内はカメラ、スマホ類の持ち込みは、禁止となっており、わたしを含めて美しい肉体をお見せすることは出来ません。

温泉を出て帰る途中、シャスタに雲がかかっていました。
そのシャスタをバックに、西部らしい柵にのぼって記念撮影をしました。

温泉後記念撮影



●シャスタツアー5日目● 9月22日(火)

今日も快晴。なんと5日連続の快晴です。

今日は、シャスタで最も神秘の山と言われている、キャッスルクラッグスに登頂いたしました。

Aグループでは、8時間かかりましたが、Cグループでは、頂上で1時間以上の休憩時間をかけたにも関わらず、7時間を切るスピードで、登頂して降りることが出来ました。

キャッスルクラッグスは、神々しいだけでなく、ユーモア溢れる温かい山です。

その頂上で、全員で自愛メソッドインフィニティーを行い、キャッスルクラッグスのエネルギーを、スピリッツ参加者の皆さんに送りました。(13時33分)

C5キャッスルインフィニティ


頂上付近でのエネルギーは強力で、自愛メソッド宇宙編をしていると、手が痺れるくらいのパワフルなものを感じます。

キャッスルクラッグスは、わたしが感じるには、宇宙や大自然からエネルギーを受け取るためには最適な場所であると思いました。

C5光


そのキャッスルクラッグスの頂上で、受け取ったメッセージ。
『よくやった。すべては完璧。すべては愛。これで完了。パーフェクト! 以上、〇』

神々にもっとも近い山・・・それがキャッスルクラッグスです。

論より証拠です。
実際の写真をご覧ください。

C5キャッスル1

C5キャッスル2

C5ボーズ


●シャスタツアー6日目● 9月23日(水)

なんと6連続の快晴です。

今日はツアー最終日。宿泊先のエンジェルハウスに別れを告げて、サンフランシスコへ向かいます。

エンジェルハウス


シャスタに感動し、1分でも長くシャスタにいたいという参加者たちの希望により、予定を変更し、サンフランシスコの市内観光を取り止め、まず、シャスタの禁断の滝である、モスブレイの滝を訪問いたしました。

なぜ禁断の滝と呼ばれているのかと言うと、この滝は、映画『スタンドバイミー』の列車の線路を歩いて通らないと行けないからです。

ですから、今まで訪問することが出来ませんでしたし、わたし自身にとっても初の訪問でした。

今回は、様々なご協力がありまして、特別に訪問することが出来たのです。

列車の線路を25分ほど歩くと、モスブレイの滝に到着します。


モスブレイの滝

モスブレイの滝太陽

モスブレイの滝集合写真


とても気持ちのいい場所で、マイナスイオン満載です。カルフォルニアの『白糸の滝』と呼ばれているだけあって、とても感動いたしました。

滝の動画も撮影いたしましたので、お楽しみください。



帰路には、列車に遭遇し、線路から安全に退避しましたが、列車の運転士さんも手を振ってくれるので、事実上黙認されているようです。(よいこの皆さんは真似をしないでください)



機関車が3両連結されて、貨物列車を引っ張っています。
大迫力でした。貨物列車は、50両以上あります。

この路線は、サンフランシスコからシャスタを経由して、オレゴンまで行く路線です。
この辺りが急勾配になっていて、難所となっています。
ここから少しシャスタに行ったカーブで過去に脱線事故があり、殺虫剤を積んだタンクローリーが横転し、平行して流れているサクラメント川に流れてしまい、そこからシャスタダムまでの生物が死滅した事故があったそうです。


さて、感動のモスブレイの滝を後にして、シャスタに別れを告げて、サンフランシスコに移動いたしました。

シャスタでは、快晴続きで雲を見ることがほとんどなかったのですが、サンフランシスコ近郊で不思議な雲の写真を撮りました。

サンフランシスコ雲


夜は、恒例の豪華中華料理のディナーで打ち上げです。
次から次へと出てくる海鮮料理の数々に舌鼓を打ちました。

中華料理


Cグループは、6連続の快晴で、天候に恵まれ、タイムスケジュールの変更やトラブルも一切なく、すべてが完璧な運営となりました。

参加者の皆さん、日本のスピリッツ参加者の皆さん、そして、ガイドの井崎さんのおかげで、素晴らしい聖地シャスタツアーCグループとなりました。

心より感謝を申し上げます。



応援お願いします
↓↓↓↓↓↓↓

哲学・思想ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ



■facebook「自愛メソッド公式ページ」
https://www.facebook.com/jiaimethod

■facebook「河合政実公式ページ」
http://www.facebook.com/tontonponopono

■メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001422630.html

■YouTube「自愛チャンネル」
http://qq2q.biz/lUKG

■Androidアプリ「自愛メソッド」(月額324円)
http://qq3q.biz/lUL6

■ツイッタ―
https://twitter.com/tontonponopono

■自愛塾スケジュール
http://bit.ly/1dhKN5V

■「【自愛塾】幸せを呼ぶ自愛メソッド」トップページに戻る■
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 人生を豊かに生きる - ジャンル : 心と身体

12:39  |  自愛メソッド  |  CM(3)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

トントン様

自分の潜在意識の中の記憶(被害者意識、不幸感、弱者意識)や運営している事業を愛しても現状は変わりません。事業をしているのは私の業界では正社員はなく、ずっとこの仕事をやりたければ自営するしかないからです。元々、若いころから会社に勤めたかったのですが、容姿が悪いため、まともな職につけず非正規雇用ばかりしてきました。私の先祖(家族)にも容姿が悪いため不遇に生きてきた人がいるのでこの記憶が私に再生したのかもしれません。心の中で「差別されている外国人でも正規雇用されているのに日本人の私がこんな目に遭って平等ではない」と言う怒りがあります。

トントン様の御著書に掲載されている体験談では、セミナーに参加した結果、現状が好転したことが掲載されていますが、これは一部の方であり、これもずっと続けば良いのですが、元に戻る方もいらっしゃるそうですね。

毎日、だいたい、同じ時間に同じ感情が浮上します。

最近、自分を安く売っていたことが分かりました。このため、安くしか買われませんでした。つまり、セルフイメージが低いのです。

セミナーで両親へラブレターを書く部分があるそうですが、私はどうしても書けません。容姿も頭脳も良く生んでもらっていないし、理解、肯定、期待されず勉強が好きな私に「中学を卒業して皿洗いにでもなれ」と言って私の人生をめちゃめちゃにしたのですから。
ソピー | 2015年10月06日(火) 06:35 | URL | コメント編集

とんとん様

自愛メソッドを実践し浮上する感情の原因となっている記憶がだんだn分かって来ましたが、どうしても腑に落ちないことがあります。

1.御著書の体験談に父親から暴力を振るわれたり父親の急死により社長となり大変な目に遭った人が「これも完璧である」と記してありますが、このようなことがどうして完璧なのでしょうか。これは、不幸を正当化しているような感があります。私たちの記憶の大部分は両親の記憶から来ているので、セミナーでは両親の記憶をポジティブにクリーニングするそうですが、この場合、「ポジティブ」と言うことが単に不幸を正当化しているのではないかと私は疑問視しております。
幸福な人はセミナーに参加しないでしょうね。

2.最近、弁護士の激増により生活できない弁護士が多いのですが、これも記憶の再生で完璧なのですか。私の業界も同じなのでこれも私の記憶の再生で完璧なのですか。
ピピコ | 2015年10月11日(日) 07:14 | URL | コメント編集

Re: タイトルなし


> 1.御著書の体験談に父親から暴力を振るわれたり父親の急死により社長となり大変な目に遭った人が「これも完璧である」と記してありますが、このようなことがどうして完璧なのでしょうか。これは、不幸を正当化しているような感があります。

完璧というのは、理想のことが起こるという訳ではないのです。
記憶の通りに物事が起きるから「完璧」と言うのです。

>私たちの記憶の大部分は両親の記憶から来ているので、セミナーでは両親の記憶をポジティブにクリーニングするそうですが、この場合、「ポジティブ」と言うことが単に不幸を正当化しているのではないかと私は疑問視しております。

ポジティブにクリーニングするとはどなたが言ったのでしょうか。
自愛メソッドではそのようなことはしません。

> 幸福な人はセミナーに参加しないでしょうね。

何かを求めて来られるのがセミナーです。
現状に対して不満がない方は、来ないと思います。

> 2.最近、弁護士の激増により生活できない弁護士が多いのですが、これも記憶の再生で完璧なのですか。私の業界も同じなのでこれも私の記憶の再生で完璧なのですか。

そう思っている限り、そうなります。
だから完璧なのです。
河合政実(とんとん) | 2015年11月13日(金) 01:34 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲TOP

 | HOME |