ホ・オポノポノ ヒューレン博士 ジョー・ヴィターレ ハワイの秘法 船井幸雄 豊かに成功するホ・オポノポノ ずっとクリーニングしていますが変わりません

2014'01.31 (Fri)

ずっとクリーニングしていますが変わりません

I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you


A:クリーニング中毒になっていないかチェックしてみてください。


わたしは、もはやホ・オポノポノを卒業して、実践していないので、あくまでも個人的な見解としてお読みください。

ホ・オポノポノ実践者の方で、「ウニヒビリと出会えない」の次に多いのが「クリーニングしても変化がない」「何年やっても変わらない」「むしろ悪いことが以前より多くなった」という悩みです。

クリーニングを知ってしまうと、クリーニングのことで頭がいっぱいになってしまう人が多いようです。
毎日果たさなければならない“ルーティーン”のようなクリーニングのコースがあり、それを行わないと気がすまないのです。
 
悲惨なテレビのニュースを見たり、新聞記事を読んだりすると、必死になってクリーニングをし、誰か友人に問題があると聞けば、その人の立場に立って一生懸命クリーニングをします。

自分の問題に対するクリーニングも必死です。少しでも問題が起これば、それが改善するまでありとあらゆる手段を使ってクリーニングをします。このクリーニング・ツールで改善が見られなければ、別のクリーニング・ツールを使う。1日に4つの言葉を言う回数が足りないのではないかと、さらに言う回数を増やす。いや、ウニヒピリのケアが足りないのではないかと、ウニヒピリに話しかけたり、着せる洋服を作ったり・・・・と、きりがありません。
ところが、いくらクリーニングをしても、どのように方法や形を変えても、状態が良くならない場合があります。どうしても期待通りに改善されないのです。

確かに問題が多少改善されたり、問題がいったんは消えたりするのですが、同じ問題が再度吹き出したり、別の問題が発生したりするのです。

当事者にとっては切実なことで、こんなことを言うと本当に申し訳ないのですが、わたしはこのような現象を“クリーニング中毒”と名付けています。

なぜ、クリーニングをしているのに、問題が起き続けるのでしょうか。
それは、わたしたちが“問題を解決するため”にクリーニングをしているからです。

「そんなのは当たり前ではないか」「問題解決のためのメソッドではないのか」と怒られてしまいそうです。
精神世界に興味を持つきっかけとして、「問題を解決したい」「悩みをなんとかしたい」という切り口か入るのは仕方のないことだと思います。

しかし、“問題を解決するため”にクリーニングをしている限り、わたしたちは“問題のある”世界に生き続けることになります。

わたしたちが“クリーニング中毒”を続けている限り、わたしたちは“問題のある世界”を創造し続けているのです。

わたしが創始した「自愛メソッド」は、「問題をクリーニングする」という世界には既にいません。
この世界は、完璧に創られているので、実は、クリーニングする必要はないのです。

わたしは、「クリーニングしなければならない」という呪縛から解き放たれる時が来ていると信じています。

わたしたちは、完璧な存在なのだから、そもそもクリーニングする必要はないのです。実は、そう思うことが最大のクリーニングの方法なのです。


では、“完全な世界”を生きるとどうなるでしょうか。


まず“問題”は消滅します。そして、クリーニングをする必要がなくなり、“クリーニングしなければならない”という呪縛から解放されるのです。

とはいえ、現実の社会を生きていると、“問題”のように思えることが起きるかもしれません。

その時は、問題を体験している時に浮かんでくる感情をクリーニングすればいいのです。

もう、やみくもにクリーニングをする必要はないのです。「24時間、365日、毎瞬毎瞬クリーニングしなければならない」というのは、はっきり言ってナンセンスなのです。


I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.


ごめんなさい。
許してください。
ありがとうございます。
愛しています。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



■Mixiコミュニティ『ホ・オポノポノ研究会』
http://c.mixi.jp/hooponopono



■「豊かに成功するホ・オポノポノ」トップページに戻る■
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ホ・オポノポノ - ジャンル : 心と身体

00:53  |  Q&A  |  CM(8)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

教えてください。

大事なことだけれども、良く解らないので質問です。
クリーニング(清める)と愛する事との大きな違いはなんですか?
ボッチ | 2014年03月01日(土) 13:12 | URL | コメント編集

Re: 教えてください。

大切な質問をありがとうございます。
そういう質問を待っていました。

クリーニング(清める)するということ自体が、わたしたちが完璧だという前提に立っていません。
記憶は汚ないものだから消すべきものではないのです。
記憶こそ愛すべきものであり、ギフトそのものなのです。

> 大事なことだけれども、良く解らないので質問です。
> クリーニング(清める)と愛する事との大きな違いはなんですか?
河合政実(とんとん) | 2014年03月03日(月) 18:39 | URL | コメント編集

ありがとうございます

ふっと思いつき、時間もなかったものですから、あいさつもなしに書き込んでしまいました。ごめんなさい。

それなのに、突然のコメントに回答していただきありがとうございます。ああ、そうか!と思いました。

私はホ・オポノポノを続けて2年目くらいのおばさんです。効果はあるのですが、色々疑問もあります。セミナーには全く行っていません。だから余計にあれこれ思うのかもしれません。

で、疑問はまだあるんです。この際だから聞いてしまいます。
上級ホ・オポノポノにある12ステップのステップ5の悔い改めの祈りなんですが、
何で、悔い改め、許しを求めなければいけないんでしょうか?
あなたに背く思いって・・・いったいなんなんでしょうか?
私たちそんな悪い事しているでしょうか?
創造主、その方は愛をもって見守り、全てを解っているはずです。全てを受け入れ、全てと調和していると思っています。
なのに何故わざわざこれを言うのだろう??
私たちは罪人だからですか?
とっても疑問です。

不完全さや悔い改めの概念や、原罪の概念がキリスト教信仰にある事は承知しています。これは、キリスト教の概念から来た考え方に思えて仕方ありません。ハワイにあった概念でしょうか?
もっと、大雑把なと言うかおおらかな見方を持つ事は出来ないかなあ~と思えてなりません。

あ、でもホ・オポノポノを批判しているわけでもないですよ。
ただ、もっと、ふっと腑に落ちた方が、スッキとしていいなあと思うのです。
ボッチ | 2014年03月04日(火) 22:10 | URL | コメント編集

Re: ありがとうございます

> 上級ホ・オポノポノにある12ステップのステップ5の悔い改めの祈りなんですが、
> 何で、悔い改め、許しを求めなければいけないんでしょうか?
> あなたに背く思いって・・・いったいなんなんでしょうか?
> 私たちそんな悪い事しているでしょうか?
> 創造主、その方は愛をもって見守り、全てを解っているはずです。全てを受け入れ、全てと調和していると思っています。
> なのに何故わざわざこれを言うのだろう??
> 私たちは罪人だからですか?
> とっても疑問です。

わたしもそう思います。
ですからもうホ・オポノポノはやっていません。
止めてからもう2年経ちます。

> 不完全さや悔い改めの概念や、原罪の概念がキリスト教信仰にある事は承知しています。これは、キリスト教の概念から来た考え方に思えて仕方ありません。ハワイにあった概念でしょうか?
> もっと、大雑把なと言うかおおらかな見方を持つ事は出来ないかなあ~と思えてなりません。

わたしも同感です。
ハワイに元からあった原始的な宗教が生き残るために、キリスト教的な要素を取り入れたのではないでしょうか。
河合政実(とんとん) | 2014年03月18日(火) 02:04 | URL | コメント編集

ありがとうございます。もう少し質問させてください

疑問に答えてくださり、ありがとうございます。

あれから、私は自愛メソッドの本を2冊買い、読ませていただきました。それで、私はゆるゆるとやっているせいか、中毒のようなものはおきていませんが、とりあえず気を付けようと思うようになりました。

で、もう少し質問させてください。
ウニヒピリ(潜在意識)のことです。
ホ・オポノポノでは、とても幼い未熟な傷ついた子供の様に扱っています。だからケアはとても手がかかる事になります。
かなり退行した状態の、世話しがいのある無意識ともいえるのかなあと思っています。私自身は、取りあえず、そのような幼子(ウニヒピリ)の世話は特別していません。そんなに退行していいのかなあ?と思ったので。

河合さんは、ウニヒピリを”自分”と表現しています。
河合さんがそう表現する時、印象として幼いとか未熟という感じを受けないのです。むしろ、自分と協働するパートナーといった感じです。あまり退行していないと言ったらいいのかしら?上手く言えませんが。

それで、質問です。
ホ・オポノポノでいうウニヒピリと自愛メソッドでいう”自分”とに
表現だけでなく、概念として違いがありますか?

又、ウニヒピリを傷ついた幼子として扱っているならば、やがてトラウマを再生し続けるようになりませんか?

お時間ある時によろしくお願いします。

ボッチ | 2014年03月20日(木) 22:08 | URL | コメント編集

Re: ありがとうございます。もう少し質問させてください

> ウニヒピリ(潜在意識)のことです。
> ホ・オポノポノでは、とても幼い未熟な傷ついた子供の様に扱っています。だからケアはとても手がかかる事になります。
> 河合さんは、ウニヒピリを”自分”と表現しています。
> 河合さんがそう表現する時、印象として幼いとか未熟という感じを受けないのです。むしろ、自分と協働するパートナーといった感じです。あまり退行していないと言ったらいいのかしら?上手く言えませんが。

基本的には同じことです。

しかし、実践面では大きな違いがあります。

私もホ・オポノポノを実践していた時に、面倒で手間がかかる“ウニヒピリ”のケアをするのが大変でした。
しかし、ホ・オポノポノではウニヒピリのケアが最も大切だと言っています。

ホ・オポノポノはとてもシンプルなメソッドだと思っていたのが、クラスに参加したり、「ウニヒピリ」を読んだりして、訳がわからなくなったり、ケアが続けられなくなって途中で挫折した方がたくさんいらっしゃいます。

ポイントは、心のなかの自分と会話して、自分のことをきちんとケアをすることができればいい訳です。
“ウニヒピリ”という言葉を使うと、自分の外にする存在のような気がして途端に難しくなってしまいます。

> 又、ウニヒピリを傷ついた幼子として扱っているならば、やがてトラウマを再生し続けるようになりませんか?

それは確かにあるかもしれません。

本来の意図は、それくらい慎重に扱いなさいという意味だと思います。
心理カウンセリングを自分でやるための、ホ・オポノポノの方便のひとつだと私は思います。

河合政実(とんとん) | 2014年04月01日(火) 10:00 | URL | コメント編集

理解が深まりました。

河合様
丁寧に答えてくださり、本当にありがとうございます。
抱えていた絡まった糸が、少しほどけてきました。

まず、私がなぜクリーニング中毒にならなかったのか解りました。物凄くほどほどだからです。12ステップは通いの電車の中でカードにしたものを素早く黙読し、その後振り返りません。「四つの言葉は」は仕事のミーティングの途中まで・・。やっているうちに、周囲が明るく見えたら即終了。自分の持つ記憶のどこに原因があるかわかりませんが・・なんてことも考えたのはポノポノを知った初めだけ。忙しいし解らないところの全ては割愛しました。まじめだったのは美味しいなあと思ったブルー水のみです。それでも不思議なほど効果はありました。今もその状態は持続しています。もしかして、結果に執着しなかったからかもしれませんね(執着するほどの事をしていない。)
そして、これから真面目に取り組もうかと真剣に本を読み込んだ時に、疑問がふつふつと湧いてきたので、このコメント欄に書き込みをしました。私はラッキーでした。

潜在意識の事については、「ウニヒピリ」は読んだのですが、どうしても、実際にどうしたら良いのかが良く解りませんでした。慎重に扱うのは当たり前だと思いますが、上手くいっていない場合の注意点に紙面がさかれ(そう受け止めなかった方もいると思いますが)、やるべき事と健全な面が夢の様に書かれていて、私にとっては日常に当てはまりませんでした。そして、上手く行かせるためには、グッズが必要ですと暗に言っている気がするのです。
「“ウニヒピリ”という言葉を使うと、自分の外にする存在のような気がして途端に難しくなってしまいます。」という河合さんの意見と、この感覚はどこかつながっているのかもしれません。
又、潜在意識の持つ「面倒を見てもらっていない!」顕在意識の持つ「ケアしてこなかった。」という後悔のような気持ちから全てを見たら、同じ潜在意識の持つ健全な伸びやかに回復する能力に触れることは難しいのではないでしょうか?そんな気がしたんです。
確かに、心理カウンセリングを自分でやる資料としては、「ウニヒピリ」はまだまだ不足かもしれません。トラウマ再生を予防する方法は書いていないですね。好転反応として一括して扱うのかもしれません。そして、もしかしたら,ホ・オポノポノというメソッドは、潜在意識を扱う面で危うい傾向を内包しているのかもしれませんね。
それにしても、河合さんの言うとおり、簡単なはずのホ・オポノポノで、なんでそんなに難しい取り組みをしなければいけないんでしょうか?

又このメソッドの世界観のなかには、既存の宗教的な要素が気付きにくい形で織り込まれている。それも解りました。この点よく理解していませんでした。でも、なんとなく気に障ったのでしょう。

しかし・・それにしても・・・・これからどうしよう?
こんなに調べこんで執着しないで出来るかしら?
ちょっと困ったなあ。
自分なりに、受け入れられるところだけアレンジしてやろうかなあ?
それはそれで又いけないことかしら?
自愛メソッドに乗り換える?それはそれで、どうなんだろう?
試しにハート・海馬と寝前にやると、海馬あたりで眠ってしまったようです。
メソッド変えたってやり方間違えば同じこと
何であれ、やり方しだいのところはあるよなあ~と思いながら
まだ迷いの中です。

でも、ともかく、ありがとうございます。
とても助かりました。
だから、もしかしたら、一回くらいはそちらの企画におじゃまするかもしれません。
ボッチ | 2014年04月03日(木) 09:17 | URL | コメント編集

Re: 理解が深まりました。

> 河合様
> 丁寧に答えてくださり、本当にありがとうございます。
> 抱えていた絡まった糸が、少しほどけてきました。

お役に立てたのなら、嬉しいです。

> しかし・・それにしても・・・・これからどうしよう?
> こんなに調べこんで執着しないで出来るかしら?
> ちょっと困ったなあ。
> 自分なりに、受け入れられるところだけアレンジしてやろうかなあ?
> それはそれで又いけないことかしら?
> 自愛メソッドに乗り換える?それはそれで、どうなんだろう?
> 試しにハート・海馬と寝前にやると、海馬あたりで眠ってしまったようです。
> メソッド変えたってやり方間違えば同じこと
> 何であれ、やり方しだいのところはあるよなあ~と思いながら
> まだ迷いの中です。

しばらく、両方を続けているうちに結論が出るはずです。
ご自分を信じてください。
そして、ご自愛ください。


河合政実(とんとん) | 2014年04月30日(水) 16:47 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲TOP

 | HOME |