ホ・オポノポノ ヒューレン博士 ジョー・ヴィターレ ハワイの秘法 船井幸雄 豊かに成功するホ・オポノポノ けやきに頼まれたこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2012'05.06 (Sun)

けやきに頼まれたこと

I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.


先月のことですがも4月5日、6日とハウステンポスに行って来ました。

中学・高校の同級生が、セミリタイアして、ハウステンボスの別荘を買って住んでいるからです。


ハウステンポス


バブルの頃には、1億円近くした別荘がかなり値段が下がり、とてもお得な値段で去年売りに出ていたそうです。

しかも、最後の最後に売り手の方がさらに値引きをしてくれたそうで、彼はその浮いたお金で内装を綺麗にしただけでなくて、庭の植木の手入れもしたと言っていました。

ハウステンポスに行ったのは生まれて初めてだったので、私にとっては珍しいものばかりでした。

彼がなぜ住み慣れた横浜を離れて、長崎のハウステンボスに永住しようとしているのか、少しわかる気がいたします。本当にいいところです。


さて、彼の家に着いて、荷物を車から降ろすと、玄関の横に1本の大きなけやきの木があるのに気づきました。

庭の手入れをしたと言った通り、枝が短く刈り込まれています。

私は、そのけやきの木に「愛しているよ」と言って話かけ、優しく木に触れました。

するとけやきが意外なことを私に言って来たのです。


「お願いだから何とかしてくれ」

「怖いんだ!」

「彼にやめるように言ってくれないか」


私は何のことだかさっぱりわかりませんでした。


「彼のことなら心配ないよ。子供の頃から動物や植物が大好きで、とても優しい人だから」と私が言っても、とにかく「助けて欲しい」の一点ばりです。


家の中に入り、中国茶をいただきながら、わたしは彼に尋ねてみました。
 
「けやきが変なことを言ってたんだ。助けて欲しいとか、やめてくれとか、一体何だろうね・・・。怖がる必要はないと言っておいたけど」と私。


すると彼が意外なことを言うのです。「実は、家の前に3本のけやきがあったんだよ。20年前に植えたらしく、とても大きくなって家が日陰になっていたので、2本はブルドーザーを使って根っこからバッサリ切ってもらったんだ」

「えっ、そうなの!」

「残った1本も邪魔だからどうしようかと考えてるんだ。僕は花や実がならない木は好きじゃない」と彼。

わたしは、ケヤキが怖がっているから、これ以上切ったりするのはやめるように頼みました。
本当に間一髪のところです。



夕方佐世保の駅の近くにある海鮮居酒屋へ行こうと彼が言うので、佐世保駅まで電車で行くことにいたしました。

「いけすがあって、新鮮な魚をその場で活き造りにしてくれるんだ」と言うのです。


とても混んでいて、佐世保では有名なお店のようです。

彼は鯵と烏賊の活き造りを注文いたしました。


ところが出て来た料理を見て、私がびっくりいたしました。


箸をつけようとしたら、突然鯵がしゃべり出したのです。

「痛い!」「痛いよ!」


理由はよくわかりませんでしたが、烏賊は何も言いませんでした。


今後は、イケス料理を出すところには、行けそうもありません。


ホ・オポノポノを知ってしまったおかげで、楽しいこともありますが、不便なことも出て来るようになりました。
                 


【自愛塾】や私のオリジナル講演会・セミナーについては、下記の専用ブログをご参照いただけますようお願い申し上げます。
↓↓
※【自愛塾】『自分を愛すれば魂が導いてくれる』

http://luckyfortune.blog89.fc2.com/



ごめんなさい。
許してください。
ありがとうございます。
愛しています。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ


■Mixiコミュニティ『ホ・オポノポノ研究会』
http://c.mixi.jp/hooponopono

■メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001422630.html

■ツイッタ―
https://twitter.com/tontonponopono

■Facebook
http://www.facebook.com/tontonponopono

■「豊かに成功するホ・オポノポノ」トップページに戻る■
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ホ・オポノポノ - ジャンル : 心と身体

18:25  |  ホ・オポノポノと大自然  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

I love you

昨年訳あって、我が家の柿の木を切ることになりました。
そのことについてクリーニングすると、『私に【木を切ること・関わった人物など、あらゆることに】一切について、何も言うな(助言もするな)。ただ、すべてが終わった後、お前が柿の木の切り株の所に行って、クリーニングしろ』と言われました。
私は、ただ仰せに従いました。
柿の木さんが、『ブルーソーラーウォーターをかけてくれ』と言いましたので、その通りにしました。

アイスブルー
涼風X | 2012年05月06日(日) 19:34 | URL | コメント編集

納得

植物もお魚も生きてるんですものね。いわば当たり前ですよね・・・。ベジタリアンになりたい気分です。お魚のパウダーになってるコラーゲンを毎日とってますが、あれもお魚の粉末ですもんね・・・。それを人間に置き換えたらば・・・。うぅぅ・・・。
ツキシロ | 2012年05月06日(日) 22:59 | URL | コメント編集

Re: I love you

生命の問題ですから神経を使いますよね・・・。
こうやってくれるのなら柿の木も納得してくれたでしょう。

> 昨年訳あって、我が家の柿の木を切ることになりました。
> そのことについてクリーニングすると、『私に【木を切ること・関わった人物など、あらゆることに】一切について、何も言うな(助言もするな)。ただ、すべてが終わった後、お前が柿の木の切り株の所に行って、クリーニングしろ』と言われました。
> 私は、ただ仰せに従いました。
> 柿の木さんが、『ブルーソーラーウォーターをかけてくれ』と言いましたので、その通りにしました。
>
> アイスブルー
河合政実(とんとん) | 2012年06月25日(月) 17:35 | URL | コメント編集

Re: 納得

すべてクリーニングして食べれば、大丈夫ですよ。
そうやって考えてみると、屠殺の仕方にまで気を配るイスラム教の風習には意味があるのですね・・・。

> 植物もお魚も生きてるんですものね。いわば当たり前ですよね・・・。ベジタリアンになりたい気分です。お魚のパウダーになってるコラーゲンを毎日とってますが、あれもお魚の粉末ですもんね・・・。それを人間に置き換えたらば・・・。うぅぅ・・・。
河合政実(とんとん) | 2012年06月25日(月) 17:38 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。