ホ・オポノポノ ヒューレン博士 ジョー・ヴィターレ ハワイの秘法 船井幸雄 豊かに成功するホ・オポノポノ 父の愛

2012'01.07 (Sat)

父の愛

I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.


昨年の後半から「父親をクリーニングしなさい」という声が何度も聞こえていました。

私は、その声に気づきながらも無視していましたが、ついにお金に関するクリーニングすべき大きな事件が10月の新月の頃に起こり、もはや待ったなしの状態になっていたのです。

新年を迎え、1月5日からハワイ島へ行く予定がキャンセルとなって、ぽっかりと時間が空いた私は、昨日改めての父のことに向き合うことにいたしました。


父は、成功した会社の2代目の経営者で、大変な資産家でした。
私が小学校5年生の時に、父は、自らデザインした街一番の大きな屋敷を建て、私たち家族はそこに引っ越しをしました。

父の自慢の大きな家に引っ越しして、何ヶ月か経ったある日の夕方のことです。

玄関のチャイムが鳴り、私がドアを開けると、スポーツ刈りの頭をして、グレーのジャージを着た中学生の男の子がドアの前に立っていました。

新聞配達の少年が集金に来たのです。


父は、毎日5時15分頃になると家に帰って来て、2階へ登って濃紺の浴衣に着替えます。

「お父さん、新聞の集金だよ」と私が1階から叫ぶと、父が浴衣の帯を締めながら階段を降りて来ました。

玄関で少年に応対した父は、笑い顔ひとつ見せずに、少年にこう言ったのです。「先週の木曜日に夕刊が入っていなかった。だからその分の代金30円を差し引いて払う」

「そんなこと僕に言われても困ります。僕はただ集金に来ただけなんです。ちゃんと払ってください」と少年は泣きそうな顔で父に言います。

「ダメだ。入っていなかったものは払えない。そう言えば、その前の週も入ってなかった。そんなことを言うんだったら、2回分の60円を引いて払うぞ」父はさらに冷たく少年に言います。

「そんなの困ります。だったら、もう、自分で払います」と少年は言って、自分のポケットから30円を取り出すと、それを父から渡されたお金に足して集金袋の中に入れたのです。

少年の目からみるみる涙が溢れだし、玄関のドアをパタンと閉めて、逃げるように少年は、走って帰って行きました。


私は、その少年が泣きながら帰って行く後ろ姿を見てこう思いました。

「お金ってなんて汚いのだろう」
「お金は人を不幸にするものだ」

そして「父のような大人には絶対にならないぞ」と心に決めたのでした。


それから、十数年の月日が流れ、私は24歳となり、大学を卒業して大手銀行に就職しました。

その年の春に、父は、59歳の若さで腎臓癌で亡くなり、私は24歳で父の後を継いで、会社の社長となったのです。


しかしながら、私は、父と正反対の性格になってしまいました。
父は、真面目で慎重な倹約家でした。私は、冗談が好きな冒険好きの浪費家です。

小学校5年生の時に、無意識に、心の底で感じたこと、決意したことが文字通り現実化したのです。

「お金は汚ない」「お金は人を不幸にする」という思いから、私は、無意識のうちに、お金を持っていられなくなってしまいました。つまり、お金を貯金することが全くできない人間になってしまったのです。

お金はすべて使ってしまわないと、つまり浪費してしまわないとどうしても気がすまないのです。そして、友人はもちろんのこと他人にわけもなくご馳走をしたり、無理をして多額の寄付をしたりすることを好むようになったのです。

父が亡くなったときに、父は私に10億円という遺産を残してくれたのですが、わずか5年でその遺産をすべて使い果たしてしまいます。それどころか、今度は反対に借金がどんどんと膨らんでいったのです。


お金に対するブロックは、この小学校5年生の時の記憶の再生が原因だったのです。

30歳の時に自己啓発セミナーを受けて、この記憶が私のお金のブロックの原因だと気づき、借金の金額はそこで止まりましたが、借金はすでに10億円を超えていました。(まだ数億円の借金が残っています)



ホ・オポノポノを知ってから、ずっと父の記憶のクリーニングを続けてますが、そのおかげでしょう、借金は劇的に減少をしています。

しかし、まだまだ完了できていないという自分がいました。


そして、昨日、仏壇に手を合わせて、父のクリーニングをしていた時に、40年前の父の愛が伝わって来たのです。


「政実。俺は、お前にお金の大切さを教えたかったんだよ。だから、敢えてああいうことをお前の目の前でしたんだよ」

「あの少年には、厳しいかもしれないが、社会のルールというものを伝えたかったんだ」


父の心は、小学校5年生の私には伝わりませんでした。
しかし、52歳の私に、今、伝わったのです。

父が悪かったわけではありません。
私が悪かったわけでもありません。
ましてや、あの少年が悪かったわけでもありません。

すべての物事は、完璧なタイミングで伝わるのです。

今の私に、父の心を受けとめる準備が出来たので、伝わったのです。


父の愛を受けとめるのに、40年以上の歳月がかかりました。
でも、それも地球の長い歴史の中で見れば、瞬きするような時間です。


お金の大切さ、身に染みて、よくわかりました。



ずっと「父を乗り越えよう、乗り越えよう」としていました。
もっと「父の上に行こう、上に行こう」としていました。


父との比較ばかりをしていた自分がいました。
そんな必要はないんですよね。

父は父。
わたしはわたし。


偉大な父でした。
経営の天才でした。


お父さん、ありがとう。
愛しています。


私は、偉大なお父さんの子です。
そして、わたしはわたしです。



I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.



【自愛塾】や私のオリジナル講演会・セミナーについては、下記の専用ブログをご参照いただけますようお願い申し上げます。
↓↓
※【自愛塾】『自分を愛すれば魂が導いてくれる』

http://luckyfortune.blog89.fc2.com/



ごめんなさい。
許してください。
ありがとうございます。
愛しています。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ


■Mixiコミュニティ『ホ・オポノポノ研究会』
http://c.mixi.jp/hooponopono

■ツイッタ―
https://twitter.com/tontonponopono

■Facebook
http://www.facebook.com/tontonponopono

■「豊かに成功するホ・オポノポノ」トップページに戻る■
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ホ・オポノポノ - ジャンル : 心と身体

15:31  |  ホ・オポノポノと家族  |  CM(30)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

はじめまして

昨年からホ・オポノポノを生活の中に取り入れています。よろしくお願いいたします。
素朴な疑問で大変申し訳ないのですが、何故お父様は夕刊が届かなかった日にすぐ新聞屋さんに問い合わせなかったのでしょうか?本当に新聞が読みたかったら催促して配達させると思うんですけど…たまにウチでもそういうことがあるので非常に不思議ですね。
主人が朝刊配達のバイトをしているのですが、誤配や不配はまず配達者の責任であって、集金の少年に責任は無いですよね。
ウチの主人が不配をした時もすぐ電話でお店から連絡が来て、お詫びとともにきちんとお届けしたあとお店から厳重注意がありますよ。不配や遅刻が続けばもちろんクビです。
それなのに集金の少年に向かって延々と苦情を言い続けるお父様の行動が私には?でした。
だいたい新聞関係のバイトをしている子供は家庭に事情を抱えていたりして必死に仕事をしているんです。そういう子供に対して配慮が無かったのでは?とくやしくなりました。その子はとても傷ついたと思います。それからそのお子さんがどうなったのか…とても辛い気持ちになりました。
以上です。失礼いたしました。

mikesuzu | 2012年01月07日(土) 18:13 | URL | コメント編集

とんとんさん、ありがとうございます。
なぜでしょう・・・読みながら涙がこみ上げてきました。

お父様の愛・・・愛っていろんな伝え方があるんですね。
ゆえにすべてが愛なのでしょうね。

すべてに感謝しつつ、クリーニングを続けようと思いました。

アイスブルー☆
真生 | 2012年01月07日(土) 21:42 | URL | コメント編集

心に染みるお話をありがとうございました私自身に重ね合わせて読ませて頂きました。私も若い頃は銀行員で多額のお金を扱っていました。結婚して退職したのですが、それなりにお金は入って来たのですが、あれから30年、今なぜかお金の全くない苦しい生活を強いられています。オポノポノに出会って3年余りです。お金は汚いものと言う記憶が染み付いているように思います今日の記事に勇気を頂きました諦めないでクリーニングを続けます河合さんのお父様の大きな愛にも感謝致します
あきちゃん | 2012年01月08日(日) 10:26 | URL | コメント編集

10億使い果たして、借金10億ですか。
なかなか壮絶な人生送ってこられたんですね。
のんびり生きてきた人かと思っていました。
それだけの器がある人なんですね。
八幡太朗 | 2012年01月11日(水) 12:13 | URL | コメント編集

1月8日にコメントさせていただいた者です。先日コメントした通り、この記事はわたしの心に染み通りました何度も何度も読み返して、そのつど、じーんと来ました。そしてコメントをさせて頂きました。そしたら、なぜか、気持ちが軽くなった気がしました。なぜだかわかりません。わたしの気持ちが河合さんと同じだったからホッとしたのかもしかしたら、私はお金に苦労している事を初めて人に打ち明けたのでホッとしたのかもしれません。理由はわかりせんが、とにかく気持ちが軽くなったのは事実ですそしたら、なんと経済的にとても助かる出来事が、昨日(10日)にありました。ずっと悩んでいたことがあまりに簡単に、あっけなく解決したのですその上、仕事でもラッキーな事があったのです正直、びっくりしています。まだまだすべて解決には至りませんが、少なくとも解決への糸口が見えて来たような気がするのは事実です。しかし、こんなに凄い事が起きたはずなのに、なぜか冷静に普通通りの私がいるのも不思議です。なんと表現したらいいのか分かりませんが、明らかに数日前と比べると心配の種が 減っているのに、有頂天にならずに普通に振る舞う自分がいて不思議な気がしています。
よくわかりませんが、この記事のお陰で何かが変わったようです。河合さんに感謝、河合さんのお父様に感謝。すべての事に心から感謝致します
ありがとうございます
あきちゃん | 2012年01月11日(水) 23:59 | URL | コメント編集

私の父

私は実の父を憎んでいます。
嘘つきで、いつもでたらめばかり、誰にも相手にされず、
体臭がひどく、母にも嫌われています。
体臭は私にも遺伝し、私は友達も出来ず、親戚の結婚式にも呼ばれません。
母は父以外の人の子を産み、父の子として育てました、それが
弟です。
父はお金にもだらしなく、借金だらけで、年金にも入ってません。私が父を罵倒すると、耳の聞こえない振りをしたり、とぼけたり。私は「死んでしまえ」と罵倒してしまいます。
どうしたらいいのでしょうか?一日に何回も「死のう」と考えます。

キラキラ | 2012年01月14日(土) 20:54 | URL | コメント編集

リンクに関して事後報告で失礼いたします。

はじめまして。ホ・オポノポノつながりで訪問しました。実践記も読んでいます。
初訪問で、いきなり読んだ記事に、今の自分のテーマでもある「お金」についてのっていました。クリーニングを続けます。。。
他の記事もとても興味深いものでした。

自分のブログでもホ・オポノポノを多少あつかっているので、こちらのブログで気づきをえてくださるかたが増えればいいと思い、いきなりですがリンクを張らせていただきました。よろしくお願いいたします。
(不都合があればご連絡ください)
smile39 | 2012年01月19日(木) 15:05 | URL | コメント編集

はじめまして

「ホ・オポノポノ」「クリーニング」で検索していたら
ここにたどり着きました。
1年前手相家さんに「ホ・オポノポノ」の話を聞いて
取り入れていたのですが、今ひとつ理解出来てないのですが
4つの言葉は発声しないと意味が無いのでしょうか?
私は事あるごとに頭の中で4つの言葉を唱えていましたが
意味がなかったのでしょうか?
ある出来事を通して「クリーニングしたほうがいい」と言われ、
自分だけではなく関わった友達もクリーニングをと言われたの
ですが、何をしたらいいのかわからなくなってしまいました。
ある出来事とは友達が喘息で悩んでいて、その話を聞いた私も
クリーニングをしたほうがいいとのこと。友達の前で4つの言葉を
言えばいいのか・・・・・
基本的なことを聞いてすみません・・・
kai | 2012年01月21日(土) 21:57 | URL | コメント編集

・・・・・

①[お金に対するブロックは、この小学校5年生の時の記憶の再生が原因だったのです。]

と書いておられますが、ホ・オポノポノによると、
書かれているようなとんとんさんの浪費癖や、現在の借金の原因は
とんとんさんの表面意識では分かり得ないのではないのですか?

②ネット上のブログというものは発信者が想定した人だけが見ているものではなく、
意外な人物が見ている可能性もあると思いますが
現在数億の負債があるということを、
このようなところで明かされて差し支えないものなのか心配です。
それが法人だとしても。

とんとんさんの気前のよいシェアにいつも感謝しつつも・・・


トーマス | 2012年01月24日(火) 12:30 | URL | コメント編集

とんとん様

普段、ついクリーニングを忘れてしまいがちです。でも私はとても怖がりで、不安なニュース等を目にすると、それに気持ちが集中してしまい、数日沈んでしまいます。そこで、ハッと、クリーニングを思いだし、また再開するという。。。効果はいつも感じています。でも、自然災害など壮大なスケールの物でも、私のクリーニングで何か変わるでしょうか。。そういう不安もクリーニングしたいですが、何せ怖がりで。。でも、自分にとって不安な情報のおかげで、クリーニングすることを思い出させてくれているのも確かで。。だから、不安な情報=絶望ではなく、「クリーニング忘れてるよ、続ければ大丈夫だよ」の、優しいお知らせなら、どんなに良いかと。。甘いでしょうか。
ぷっちゃん | 2012年01月24日(火) 18:39 | URL | コメント編集

クリーニング方法について

具体的に説明して頂きありがとうございます。
とても勉強になります。
コウハク@気功にハマる | 2012年02月01日(水) 12:57 | URL | コメント編集

ぷっちゃん

前回コメントさせて頂いてから、不思議と良い出会いや良い情報に恵まれています。ありがとうございます。更にm&mのチョコレートとプレッツェルが一緒に入った小袋にも出会いました。
 | 2012年02月02日(木) 17:56 | URL | コメント編集

ブルーボトルの蓋 - パート 4

とんとん様、

わが娘の中学受験が終わりました。

結果は本人の第一志望校にご縁をいただけました。

ずっと別の学校を第一志望とし、親子で頑張ってきたのですが、10月に娘のボトルの蓋が何度が跳んだ頃から、様子が変わってきたのです。

流れがどんどん娘の第一志望校に向かい始めました。

ここには書ききれないほどの数々の不思議な偶然やら、明らかなメッセージが、降り注いできたのです。


その流れの向かう先は12月に入った頃、はっきりとした形で示されました。それはそれは、はっきりと、面舵いっぱいで向きが変わりました。


クリーニングが進んだのですね、別の学校というのは、他でもない、私自身の記憶だったのでしょう・・・。

私は、それを娘に良き事として、押し付けていたのです。

ブルーボトルはそれを前もって伝えてくれていました。

娘はついに自分自身の夢を実現しました。


親子はそれぞれを映し出す鏡のようでもあり、でもやはり別々のテーマとそれぞれのご縁を持って生きているのでしょう。

受験勉強の苦しさから、すがったホ・オポノポノで、私自身のクリーニングは進み、娘もまた自分自身の人生を歩き出せそうです。

そして、昨夜、喜びの真っ最中に、ブルーボトルの蓋は元気よく跳んでくれました・・・。


日々是浄化。

ありがとうございます。

ゆき | 2012年02月02日(木) 21:14 | URL | コメント編集

トントン様

マベル・カッツさんの著書に「記憶の大部分は先祖から由来している」と称する記載がありました。これは、幼少の頃から、私たちが、無意識に、見たり聞いたりしたことが潜在意識に入っている、とのことでしょうか。

クリーニングしているうちに、私の潜在意識の中に「物事がうまくいかないのが普通」と言う記憶が、岩石のように、重厚に、横たわっている事、並びに、自己嫌悪な性格の理由が自分を否定してきたことであることが分かりました。前者は、子供の頃、他の人が出来ることが出来ないことがたくさんあったこと(つまり「落ちこぼれ」であったこと)、後者は、周囲から否定されてきたことであることが分かりました。

クリーニングの結果、最近、本当にしたいことがわかりましたが、これも、その実現において、様々なリソースが必要です。
でも、期待や力んだりせず、軽やかに、クリーニングして行くしかないでしょうね。

私は、トントン様と同じ年齢なのですが、今後、家族の死や
自分の今後の生活、本当にしたいことで、死ぬまで働きたいし、
経済的な理由で働かなければならないのですが、自分を信じてクリーニングして行くしかないですね。

マヨ | 2012年02月05日(日) 08:52 | URL | コメント編集

Re: はじめまして

こちらにつきましては、次のブログの記事でお答えしていると思います。
ご理解ください。

> 素朴な疑問で大変申し訳ないのですが、何故お父様は夕刊が届かなかった日にすぐ新聞屋さんに問い合わせなかったのでしょうか?本当に新聞が読みたかったら催促して配達させると思うんですけど…たまにウチでもそういうことがあるので非常に不思議ですね。
> 主人が朝刊配達のバイトをしているのですが、誤配や不配はまず配達者の責任であって、集金の少年に責任は無いですよね。
> ウチの主人が不配をした時もすぐ電話でお店から連絡が来て、お詫びとともにきちんとお届けしたあとお店から厳重注意がありますよ。不配や遅刻が続けばもちろんクビです。
> それなのに集金の少年に向かって延々と苦情を言い続けるお父様の行動が私には?でした。
> だいたい新聞関係のバイトをしている子供は家庭に事情を抱えていたりして必死に仕事をしているんです。そういう子供に対して配慮が無かったのでは?とくやしくなりました。その子はとても傷ついたと思います。それからそのお子さんがどうなったのか…とても辛い気持ちになりました。

河合政実(とんとん) | 2012年05月06日(日) 15:41 | URL | コメント編集

Re: タイトルなし

ありがとうございます。

この世の中には『愛』と『愛と対極にあるもの=愛が大切であると想い出させてくれるもの』しかない、つまり『愛』しか存在していないのです。

> とんとんさん、ありがとうございます。
> なぜでしょう・・・読みながら涙がこみ上げてきました。
>
> お父様の愛・・・愛っていろんな伝え方があるんですね。
> ゆえにすべてが愛なのでしょうね。
河合政実(とんとん) | 2012年05月06日(日) 15:45 | URL | コメント編集

Re: タイトルなし

お金を愛してあげることがまず大切だと思います。
「お金とは愛」なのです。

> 心に染みるお話をありがとうございました私自身に重ね合わせて読ませて頂きました。私も若い頃は銀行員で多額のお金を扱っていました。結婚して退職したのですが、それなりにお金は入って来たのですが、あれから30年、今なぜかお金の全くない苦しい生活を強いられています。オポノポノに出会って3年余りです。お金は汚いものと言う記憶が染み付いているように思います今日の記事に勇気を頂きました諦めないでクリーニングを続けます河合さんのお父様の大きな愛にも感謝致します
河合政実(とんとん) | 2012年05月06日(日) 15:49 | URL | コメント編集

Re: タイトルなし

まだまだ返済を続けています。
「自殺」をすることを考えたこともあります。

このお話は、新刊に書くつもりです。

> 10億使い果たして、借金10億ですか。
> なかなか壮絶な人生送ってこられたんですね。
> のんびり生きてきた人かと思っていました。
> それだけの器がある人なんですね。
河合政実(とんとん) | 2012年05月06日(日) 15:50 | URL | コメント編集

Re: タイトルなし

シェアありがとうございます。
お役に立てたのならこれ以上嬉しいことはありません。
そのためにブログを書いています。

> よくわかりませんが、この記事のお陰で何かが変わったようです。河合さんに感謝、河合さんのお父様に感謝。すべての事に心から感謝致します
> ありがとうございます
河合政実(とんとん) | 2012年05月06日(日) 15:52 | URL | コメント編集

Re: 私の父

お父様がそういう状態なのは、お父様に原因があるのではなく、あなたの記憶の再生に原因があります。
お父様を愛してあげてください。その記憶を愛してあげてください。
それをあなた自身も待っています。

> 私は実の父を憎んでいます。
> 嘘つきで、いつもでたらめばかり、誰にも相手にされず、
> 体臭がひどく、母にも嫌われています。
> 体臭は私にも遺伝し、私は友達も出来ず、親戚の結婚式にも呼ばれません。
> 母は父以外の人の子を産み、父の子として育てました、それが
> 弟です。
> 父はお金にもだらしなく、借金だらけで、年金にも入ってません。私が父を罵倒すると、耳の聞こえない振りをしたり、とぼけたり。私は「死んでしまえ」と罵倒してしまいます。
> どうしたらいいのでしょうか?一日に何回も「死のう」と考えます。
河合政実(とんとん) | 2012年05月06日(日) 15:58 | URL | コメント編集

Re: リンクに関して事後報告で失礼いたします。

シェアありがとうございます。
こちらはリンクフリーです。
どうぞご自由にリンクをなさってください。


> 自分のブログでもホ・オポノポノを多少あつかっているので、こちらのブログで気づきをえてくださるかたが増えればいいと思い、いきなりですがリンクを張らせていただきました。よろしくお願いいたします。
河合政実(とんとん) | 2012年05月06日(日) 15:59 | URL | コメント編集

Re: はじめまして

是非『豊かに成功するホ・オポノポノ』をご一読ください。
そこにご質問に関する具体的なQ&Aが書いてあります。

> 4つの言葉は発声しないと意味が無いのでしょうか?

いいえ。

> 私は事あるごとに頭の中で4つの言葉を唱えていましたが
> 意味がなかったのでしょうか?

そんなことはありません。

> ある出来事を通して「クリーニングしたほうがいい」と言われ、
> 自分だけではなく関わった友達もクリーニングをと言われたの
> ですが、何をしたらいいのかわからなくなってしまいました。
> ある出来事とは友達が喘息で悩んでいて、その話を聞いた私も
> クリーニングをしたほうがいいとのこと。友達の前で4つの言葉を
> 言えばいいのか・・・・・

友達の前で言う必要はありません。
声に出す必要もありません。
河合政実(とんとん) | 2012年05月06日(日) 16:03 | URL | コメント編集

Re: ・・・・・

> ①[お金に対するブロックは、この小学校5年生の時の記憶の再生が原因だったのです。]
> と書いておられますが、ホ・オポノポノによると、
> 書かれているようなとんとんさんの浪費癖や、現在の借金の原因は
> とんとんさんの表面意識では分かり得ないのではないのですか?

そうかもしれません。
でも、“私のなかの私”がそうだと言っています。

> ②ネット上のブログというものは発信者が想定した人だけが見ているものではなく、
> 意外な人物が見ている可能性もあると思いますが
> 現在数億の負債があるということを、
> このようなところで明かされて差し支えないものなのか心配です。
> それが法人だとしても。

ご心配いただきありがとうございます。
その点について、ご一緒にクリーニングしてください(笑)
河合政実(とんとん) | 2012年05月06日(日) 16:06 | URL | コメント編集

Re: とんとん様

私は、基本的にニュースを見ません。
そういう情報にはなるべく接しないようにしています。

また、そういうニュースわ見ても基本的にクリーニングをしません。
クリーニングをするとしても、さらっと一度するだけです。

「クリーニングは自分自身から」・・・これがホ・オポノポノの基本です。

> 普段、ついクリーニングを忘れてしまいがちです。でも私はとても怖がりで、不安なニュース等を目にすると、それに気持ちが集中してしまい、数日沈んでしまいます。そこで、ハッと、クリーニングを思いだし、また再開するという。。。効果はいつも感じています。でも、自然災害など壮大なスケールの物でも、私のクリーニングで何か変わるでしょうか。。そういう不安もクリーニングしたいですが、何せ怖がりで。。でも、自分にとって不安な情報のおかげで、クリーニングすることを思い出させてくれているのも確かで。。だから、不安な情報=絶望ではなく、「クリーニング忘れてるよ、続ければ大丈夫だよ」の、優しいお知らせなら、どんなに良いかと。。甘いでしょうか。
河合政実(とんとん) | 2012年05月06日(日) 16:09 | URL | コメント編集

Re: セミナー

東京近郊の私の講演の予定は以下の通りです。

河合政実「相模原講演会」&「宇宙気功パワーアップ会」(5/19相模原)
http://www.nb-labo.co.jp/seminar/l-soul20120519.html

河合政実「東京講演会」&「宇宙気功パワーアップ会」(6/16新宿)
http://www.nb-labo.co.jp/seminar/l-soul20120616.html

> 是非、セミナーに参加してみたいんですが
> 次回、東京で開催する予定はないですか?
河合政実(とんとん) | 2012年05月06日(日) 16:12 | URL | コメント編集

Re: クリーニング方法について

ありがとうございます!

> 具体的に説明して頂きありがとうございます。
> とても勉強になります。
河合政実(とんとん) | 2012年05月06日(日) 16:14 | URL | コメント編集

Re: ぷっちゃん

おめでとうございます。
良かったですね!

> 前回コメントさせて頂いてから、不思議と良い出会いや良い情報に恵まれています。ありがとうございます。更にm&mのチョコレートとプレッツェルが一緒に入った小袋にも出会いました。
河合政実(とんとん) | 2012年05月06日(日) 16:15 | URL | コメント編集

Re: ブルーボトルの蓋 - パート 4

おめでとうございます。
本当に良かったですね!

> 親子はそれぞれを映し出す鏡のようでもあり、でもやはり別々のテーマとそれぞれのご縁を持って生きているのでしょう。
> 受験勉強の苦しさから、すがったホ・オポノポノで、私自身のクリーニングは進み、娘もまた自分自身の人生を歩き出せそうです。
> そして、昨夜、喜びの真っ最中に、ブルーボトルの蓋は元気よく跳んでくれました・・・。
河合政実(とんとん) | 2012年05月06日(日) 16:16 | URL | コメント編集

Re: タイトルなし

> マベル・カッツさんの著書に「記憶の大部分は先祖から由来している」と称する記載がありました。これは、幼少の頃から、私たちが、無意識に、見たり聞いたりしたことが潜在意識に入っている、とのことでしょうか。

それもあるでしょうし、DNAの中に入っているものもあります。

> クリーニングしているうちに、私の潜在意識の中に「物事がうまくいかないのが普通」と言う記憶が、岩石のように、重厚に、横たわっている事、並びに、自己嫌悪な性格の理由が自分を否定してきたことであることが分かりました。前者は、子供の頃、他の人が出来ることが出来ないことがたくさんあったこと(つまり「落ちこぼれ」であったこと)、後者は、周囲から否定されてきたことであることが分かりました。

よく気づかれましたネ・・・。

> 私は、トントン様と同じ年齢なのですが、今後、家族の死や
> 自分の今後の生活、本当にしたいことで、死ぬまで働きたいし、
> 経済的な理由で働かなければならないのですが、自分を信じてクリーニングして行くしかないですね。

自分を信じ、すべてを神に委ねて、クリーニングをして行きましょう!
河合政実(とんとん) | 2012年05月06日(日) 16:21 | URL | コメント編集

コメントありがとうございます[i:63892]

お久しぶりです
1月8日と11日にコメントした者ですが、この度はトントンさんからの返信コメントありがとうございます自分のコメントはじめ、その時の記事を読み返して、あの時から4ヶ月ですが、改めて今、の環境が大きく変化している事に気付かせて頂いて驚いています
あんなにお金の事で悩んでいた私ですが、今は全く悩まなくてよい状況に変化しています。経済的な面で全てが解決した訳ではありませんが、とにかく毎日の生活の中で、お金の心配はないどころか、思いがけない所から、ちょこちょこと臨時収入が入って来ます
本当に有り難い事ですとても幸せな事です何が原因か、私には分かりませんが、トントンさんのお父様の愛の記事が深く私の心に染み渡った事が、きっかけである事は間違いありません心から感謝申し上げます。本当にありがとうございます。
お金を愛して下さいとの事、心がけます
今の私、お金は、よいものだと心から思えるようになりましたそうしたら、不思議ですねお金だけでなくあらゆる面で幸せを感じるようになりました
オポノポノとの出会い、トントンさんとの出会い、トントンさんのお父様との出会いをはじめ、すべての出会いに心から感謝致します本当にありがとうございます
あきちゃん | 2012年05月13日(日) 06:06 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲TOP

 | HOME |