ホ・オポノポノ ヒューレン博士 ジョー・ヴィターレ ハワイの秘法 船井幸雄 豊かに成功するホ・オポノポノ 哀しい上野動物園

2011'07.31 (Sun)

哀しい上野動物園

I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.


2日連続のオフで、今日も家でのんびりしています。


札幌で、講演会コーディネーターのコマキさんと話をしていたときのことです。

夏休みになったら「子供たちを連れて上野動物園に行くんです」と楽しそうに言っていたのを聞いて、何かが引っかかるのを感じました。

「上野動物園」・・・なんか好きじゃないなあ・・・と思っていたときに、想い出しました。


子供のときから横浜に住んでいたので、古くからある野毛山動物園にはよく行っていました。
「野毛山動物園」というと、楽しい気分になります。

でも、「上野動物園」というと、なぜか楽しい気分にならないのです。

もちろん、上野動物園に行ったことはあります。


アルバムを見ると、両方の写真があります。

母に抱っこされて、野毛山動物園で撮った写真があります。

母方の祖父と上野動物園で撮った写真があります。
祖父がゴリラの真似をしてくれて、それがとても面白くて何回も何回も真似をするように頼んだ記憶があります。


そこで、哀しい記憶を想い出しました。


ある日曜日。

3歳くらいのことでしょうか。
父に連れられて上野動物園に行くことになりました。

父、兄、私、みよちゃん(住み込みのお手伝いさん)、そして東京の練馬に住んでいた母方の祖父、祖母の6人で、上野動物園に行ったのです。

母は、精神病が発病し、具合が悪くなって入院してしまった後のことで、上野動物園には一緒に行っていません。


それは、それは、とても楽しい休日でした。

ゴリラの檻の前で、ゴリラの真似をして笑わせる祖父。
それが可笑しくて、「もう1回、もう1回」と言って、真似をするようにせがむ私。


それが、突然、驚きと悲しみの休日になってしまうのです。

ふと、気づくと、父と兄の姿がありません。
お手伝いさんのみよちゃんの姿も見えません。

「お父さんは・・・」と祖母に尋ねると
「先に帰ったのよ」と祖母。

「どうして。お兄ちゃんは・・・」
「お兄ちゃんも帰ったの」と祖母

「どうしてなの」
「・・・」祖母は黙ったままです。

「あのな・・・。お母さんが病気で入院しちゃったろ。だから、おじいちゃんのうちにしばらくいることになったんだ」と祖父。

「そんなの嫌だ!」
「うちに帰る。お父さんとこに帰る」

「お母さんが退院するまでの辛抱だ。すぐに帰って来るから」と祖父。

「嫌だ。嫌だ。嫌だ。」
「行かない! そんなところに行かない!」

一生懸命、なだめようとする祖父と祖母。

「お父さん、どこ?」と、私は泣くばかりです。

祖父は、ゴリラの真似を一生懸命してくれますが、私は、もう笑いませんでした。

「お父さん! お父さん!」と泣きじゃくる私。

「捨てられたんだ」という恐ろしい思いが込み上げてきます。



今、そんな3歳の私をやさしく抱きしめて、愛してあげます。
「怖かったね。淋しかったね。悲しかったね。びっくりしたんだね」


3歳の子供の動物園に置き去りにした父の気持ちはどうだったのでしょう。
後悔や罪悪感、そしてやり切れぬ思いで一杯だったのではないでしょうか。

弟を置いて帰った兄の思いは・・・。


そんな私を預かった、祖父と祖母の気持ちはどうだったのでしょうか。


そして、精神病院に入院していた母の思いは・・・。


そうです。
誰のせいでもないのです。


家族は、すべて亡くなりましたが、私の心の中では永遠に生きて存在しています。

そんなすべての家族を今ここで愛します。
家族全員の辛かった記憶を愛して抱きしめてあげます。


ありがとう。
愛しています。

これからもずっと愛しています。
そして、いつもそばにいます。




【自愛の法則】や私のオリジナル講演会・セミナーについては、下記の専用ブログをご参照いただけますようお願い申し上げます。
↓↓
※【自愛の法則】『幸せは自分のなかにある』

http://luckyfortune.blog89.fc2.com/




I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.



ごめんなさい。
許してください。
ありがとうございます。
愛しています。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ


■Mixiコミュニティ『ホ・オポノポノ研究会』
http://c.mixi.jp/hooponopono

■ツイッタ―
https://twitter.com/tontonponopono

■Facebook
http://www.facebook.com/tontonponopono

■「豊かに成功するホ・オポノポノ」トップページに戻る■
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ホ・オポノポノ - ジャンル : 心と身体

19:11  |  ホ・オポノポノと家族  |  CM(18)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

こんにちは

読んでいても、胸が詰まるような出来事でした。
一緒にクリーニングしていきたいと思います!I love you!
コマキ | 2011年07月31日(日) 20:27 | URL | コメント編集

とんとんさん、今回も読みながら泣いてしまいました。
私の中の小さな子供も一緒に癒されているような感覚でした。
一日のうちにいろいろな感情を経験しますが、その一つ一つにクリーニングの機会が含まれているのですね。
自分自身に丁寧に生きていこうと思いました。
いつもありがとうございます。
「ありがとう」「ごめんなさい」「許してください」「愛しています」
マッキー | 2011年08月01日(月) 06:35 | URL | コメント編集

この記事ですが・・・とんとんさんには悲惨な場所であったとしたら、逆に野動物園に行くのを楽しみにしている話をしたコマキさんのお名前を出される必要があるのでしょうか。

その方がこの記事を読まれて、夏休みの上野動物園行きにどのような気持ちをもたれるかは分かりませんが、

楽しみにしている、という話をしたことを名前を出してネット上で書かれ、その後で
「自分には楽しくない所だった」という意味の事を長々と書かれたら、
色々な理由で私ならば良い気がしないな、と思って読みました。

人をひきあいに出したり、エピソードに使われる時には
自分の大変さばかりではなくて、書かれた側の立場(この場合単に前フリに使われた)
側に配慮することも必要ですよね。

きっと私の中にこのような事をたくさんしてきた記憶があるので、上記のような解釈になるのだと思います。

クリーニングの機会をありがとうございます。


miyamoto | 2011年08月01日(月) 16:07 | URL | コメント編集

哀しい思い出

初めて投稿いたします。

今日のブログを読んで、私が心の奥深くに封印していた
3,4歳の頃の哀しい思い出が甦りました。
すぐに小さな私を抱きしめ、
『ごめんなさい、許してください、ありがとう、愛しています』と
繰り返し語り掛けました。家族のことをクリーニングすることばかりに夢中で、肝心な『私』をクリーニングしていなかったのです。

もっと私を見つめ、私自身のクリーニングをしていきます。
とんとんさん。
ありがとうございます。

はな | 2011年08月02日(火) 09:18 | URL | コメント編集

ウニヒピリ

先程コメントを送信した後、改めて過去の記事、コメントを読み返していました。
すると、私の哀しい思い出は祖母と深く関係しているとウニヒピリが教えてくれました。
ウニヒピリを感じたのは初めてです。
クリーニングを続け、本も読んでいたのに、なぜか経済的な不安から開放されず、
仕事も解雇されてしまいまいた。
今、たった今、なぜだったのか理解できたのです。
私は私を愛していないだけではなく、ウニヒピリも愛していなかったのです。
ウニヒピリは私に多くのことを教えてくれていたのに、
耳を傾けることなく、感謝することなく、無視していたのです。

私は理解しているようで、全く何もわかっていなかったのです。

とんとんさんにコメントを投稿したことにより、大切なことに気づきました。
ありがとうございます。
涙が溢れてきます。

ウニヒピリ
ごめんなさい。
許して下さい。
ありがとう。
愛しています。
はな | 2011年08月02日(火) 15:12 | URL | コメント編集

こんにちは!

とんとんさん、こんにちは。
とんとんのホ・オポノポノ実践記、読ませていただきました。
満面の笑みのとんとんさんが実は色んな苦労を乗り越えられた方だとわかりびっくりしました。

以前、トントンさんのHPでホ・オポノポノのビジネスクラスとベーシッククラスの違いについて教えていただいたことがあります。
今年の秋、ベーシッククラスを受講することにしました。
そして、今週の土曜日にはKR女子の講演会に行ってきます。
とても楽しみです。

とんとんさんのオフ会、是非横浜でも行ってください。
主婦なので平日の夜は土日はなかなか出られません。
平日のランチ時間帯で是非企画してください。
なんなら私がお店を探しても(笑)
プリン | 2011年08月03日(水) 11:38 | URL | コメント編集

何度もすみません、

ひとつご質問させてください。
とんとんさんは とんとんのホ・オポノポノ実践記
の中で、飛行機や色んなものに触って
アイスブルーとおっしゃっていました。

ホ・オポノポノの本ではアイスブルーは植物に触りながら
と書いてあります。

植物でなくても効果はあるのでしょうか?
プリン | 2011年08月03日(水) 13:09 | URL | コメント編集

サインをありがとうございました。

可愛いハンコとサインをありがとうございました。
大切にしますね。
お会いできると勝手に決めていました(笑)
KR女史はご本の感じから美しい、仙人のような方だという
イメージを持っていたのですが
とてもチャーミングな方で驚きました。
少女のようないたずらっぽい面をもっていらっしゃるのですね。
ますます大好きになりました。

いつかトントンさんの講演会にもいってみたいです。

もしこのコメント、公開に不都合なようでしたら
消していただいてもかまいません。
プリン | 2011年08月07日(日) 20:10 | URL | コメント編集

Re: こんにちは

札幌では大変お世話になりました。

コマキさんとは、共通の記憶が多くて(笑)・・・、本当に絶妙なコンビでしたね!


> 読んでいても、胸が詰まるような出来事でした。
> 一緒にクリーニングしていきたいと思います!I love you!
河合政実(とんとん) | 2011年08月17日(水) 23:30 | URL | コメント編集

Re: タイトルなし

> とんとんさん、今回も読みながら泣いてしまいました。
> 私の中の小さな子供も一緒に癒されているような感覚でした。

皆さんが癒されれれば、共通の記憶が私からも剥がれ落ちていきます。

> 一日のうちにいろいろな感情を経験しますが、その一つ一つにクリーニングの機会が含まれているのですね。

ご自身の感情は、ウニヒピリが体験している感情です。

> 自分自身に丁寧に生きていこうと思いました。

その感情を丁寧にひとつひとつクリーニングしていきましょう。
河合政実(とんとん) | 2011年08月17日(水) 23:33 | URL | コメント編集

Re: タイトルなし

辛口のコメントありがとうございます。
敢えてこのようなコメントをしていただいたmiyamotoさんの勇気に敬意を表します。

早速に自分の問題として、クリーニングをさせていただきました。


その上で、miyamotoさんにとっては、ちょっと受け入れ難いお話をさせていただきます。

miyamotoさんが体験されたこの問題は、私の問題でも、コマキさんの問題でもありません。
miyamotoさんの問題なのです。

なぜなら、それはmiyamotoさんのが体験されたことだからです。
ですから、miyamotoさんが、問題として体験されていることそのものを、そしてその原因となっている記憶をクリーニングなさってください。

コマキさんは、この日記に対してコメントをされていますし、上野動物園に行かれたあとに、東京でお会いして食事をしましたが、miyamotoさんのコメントについては「?」でした。

miyamotoさん自身がコメントの最後の行に書かれていらっしゃるように、そのように体験された記憶がおありになるのだと思います。

きっとご指摘を受けて、つらい思いをされたのだと思います。

私もクリーニングの機会として、その点をクリーニングをさせていただきました。

ありがとうございます。
もう一度、miyamotoさんの勇気に心から敬意を表します。


> この記事ですが・・・とんとんさんには悲惨な場所であったとしたら、逆に野動物園に行くのを楽しみにしている話をしたコマキさんのお名前を出される必要があるのでしょうか。
>
> その方がこの記事を読まれて、夏休みの上野動物園行きにどのような気持ちをもたれるかは分かりませんが、
>
> 楽しみにしている、という話をしたことを名前を出してネット上で書かれ、その後で
> 「自分には楽しくない所だった」という意味の事を長々と書かれたら、
> 色々な理由で私ならば良い気がしないな、と思って読みました。
>
> 人をひきあいに出したり、エピソードに使われる時には
> 自分の大変さばかりではなくて、書かれた側の立場(この場合単に前フリに使われた)
> 側に配慮することも必要ですよね。
>
> きっと私の中にこのような事をたくさんしてきた記憶があるので、上記のような解釈になるのだと思います。
>
> クリーニングの機会をありがとうございます。
河合政実(とんとん) | 2011年08月18日(木) 13:47 | URL | コメント編集

Re: 哀しい思い出

はなさん、こんにちは!

素晴らしい気づきですね・・・
小さなきはなちゃんを愛して抱きしめてあげたください。

人は、自分自身を愛することをするだけのために生きても、十分な価値があると言えるのです。


> 今日のブログを読んで、私が心の奥深くに封印していた
> 3,4歳の頃の哀しい思い出が甦りました。
> すぐに小さな私を抱きしめ、
> 『ごめんなさい、許してください、ありがとう、愛しています』と
> 繰り返し語り掛けました。家族のことをクリーニングすることばかりに夢中で、肝心な『私』をクリーニングしていなかったのです。
>
> もっと私を見つめ、私自身のクリーニングをしていきます。
> とんとんさん。
> ありがとうございます。
河合政実(とんとん) | 2011年08月18日(木) 13:50 | URL | コメント編集

Re: ウニヒピリ

はなさん、おめでとうございます。
ウニヒピリとコンタクトがとれたのですね・・・。

慈しんであげてください。

> 先程コメントを送信した後、改めて過去の記事、コメントを読み返していました。
> すると、私の哀しい思い出は祖母と深く関係しているとウニヒピリが教えてくれました。
> ウニヒピリを感じたのは初めてです。
> クリーニングを続け、本も読んでいたのに、なぜか経済的な不安から開放されず、
> 仕事も解雇されてしまいまいた。
> 今、たった今、なぜだったのか理解できたのです。
> 私は私を愛していないだけではなく、ウニヒピリも愛していなかったのです。
> ウニヒピリは私に多くのことを教えてくれていたのに、
> 耳を傾けることなく、感謝することなく、無視していたのです。
>
> 私は理解しているようで、全く何もわかっていなかったのです。
>
> とんとんさんにコメントを投稿したことにより、大切なことに気づきました。
> ありがとうございます。
> 涙が溢れてきます。
>
> ウニヒピリ
> ごめんなさい。
> 許して下さい。
> ありがとう。
> 愛しています。
河合政実(とんとん) | 2011年08月18日(木) 13:53 | URL | コメント編集

Re: こんにちは!

> とんとんさん、こんにちは。
> とんとんのホ・オポノポノ実践記、読ませていただきました。
> 満面の笑みのとんとんさんが実は色んな苦労を乗り越えられた方だとわかりびっくりしました。

ありがとうございます。
まだまだ暗い話ならいくらでもありますよ(笑)

でも、それもすべて自分の記憶の再生だということがよくわかりました。

> 以前、トントンさんのHPでホ・オポノポノのビジネスクラスとベーシッククラスの違いについて教えていただいたことがあります。

そうなんですか・・・。

> 今年の秋、ベーシッククラスを受講することにしました。

おめでとうございます。

> そして、今週の土曜日にはKR女子の講演会に行ってきます。
> とても楽しみです。

あれっ、ではお会いしましたね!

> とんとんさんのオフ会、是非横浜でも行ってください。
> 主婦なので平日の夜は土日はなかなか出られません。
> 平日のランチ時間帯で是非企画してください。
> なんなら私がお店を探しても(笑)

あはははは。検討させていただきます。
その節は、どうぞよろしくお願いします。
河合政実(とんとん) | 2011年08月18日(木) 13:59 | URL | コメント編集

Re: 何度もすみません、

> ひとつご質問させてください。
> とんとんさんは とんとんのホ・オポノポノ実践記
> の中で、飛行機や色んなものに触って
> アイスブルーとおっしゃっていました。
>
> ホ・オポノポノの本ではアイスブルーは植物に触りながら
> と書いてあります。

アイスブルーというのは、痛みの記憶に関するクリーニング・ツールです。

正確には、植物に対して言うのではなくて、触る前に自分に「アイスブルー」と言って自分自身をクリーニングしてから植物に触ると、植物から様々な滋養を受け取ることができるのです。

例えて言えば、赤ちゃんの手を大人がぎゅっと握ったら、赤ちゃんはびっくりしてしまいます。優しくそっと触りますよね。植物を驚かさないために、自分をクリーニングするために言うのが「アイスブルー」という言葉なのです。

> 植物でなくても効果はあるのでしょうか?

植物だけでなく、万物に対して、効果のあるクリーニング・ツールです。
河合政実(とんとん) | 2011年08月18日(木) 14:07 | URL | コメント編集

とんとんさん、ありがとうございました!

アイスブルーに関する疑問にお答えいただだき
ありがとうございました。
凄くよく理解できました。
早速沢山使います。

指輪よかったですね。
私もインスピレーションの声を聞いてみたいなー。
プリン | 2011年08月19日(金) 23:48 | URL | コメント編集

ありがとうございます

とんとんさん、こんばんは。
いつもこのブログを楽しみに読ませていただいています。

ネットに書き込みなんかしたことはないのですが、今回はどうしてもお礼を言いたくてコメントさせていただきます。

上野動物園の記事を読んで、過去の私の記憶がよみがえってきました。


私は高校1年生の時、両親が離婚し、母親に引き取られましたが、片親しかいない状況をとても辛くみじめに感じていました。それはそれは本当に辛い体験でした。

「どうして私だけがこんな目に・・・、もっと幸せで恵まれた家庭に生まれたかった」

母親にあたりちらし、心配してくれていた母方の祖父母にも冷たい態度をとってしまいました。
言葉には出しませんが、「私は不幸だ」と言わんばかりの態度であらわしました。
ふくれっ面で口を一切きかなかったり、母親に「受験勉強の邪魔だから家から出て行け」と言ったり。
心配してかけてくれた言葉もうるさいと感じ、迷惑そうに拒否していました。

それから何年か経ち私も大人になり、その頃の辛い記憶も忘れかけていました。
実は、思い出したくないので自分の心の奥深くに無理にしまい込んでいただけなのかもしれません。

しかし、このとんとんさんのブログを読んで思い出しました。
今度は辛い記憶としてではなく、感謝の気持ちが沸いてきました。

当時は辛くてしかたがなかった、いっぱいいっぱいで、気づかなかったこと。
私のまわりは、たくさんの愛情で溢れていたということ。
祖父も祖母も、ずっと私達家族のことを気にかけてくれていた、経済的な面・精神的な面で守ってくれていた。
いつも温かい愛情でつつんでいてくれたこと。

そして、毎日一番近くにいてくれた母親。
生活のために毎日家事をしながら働きに出てくれた。
そんな苦労も知らずに、私は辛く当たってしまった・・・。

当時はそんな対応をしてしまった自分自身に罪悪感を感じていました。

けれど今は、そんな自分さえも愛おしく思えます。
本当に辛かったんだね、どうしていいのかわからなかったよね。

当時の家族、それから自分自身をとてもとても愛おしく思います。みんな愛しています。

こんな素晴らしいことを思い出させてくれた、気づかせてくれたとんとんさんに、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

これでまたひとつ、辛い過去を受け入れられた。
前を向いて進んでいけます。

本当にありがとうございました。
ラベンダー | 2011年10月09日(日) 22:08 | URL | コメント編集

Re: ありがとうございます

> 上野動物園の記事を読んで、過去の私の記憶がよみがえってきました。
>
> 当時の家族、それから自分自身をとてもとても愛おしく思います。みんな愛しています。

素晴らしい気づきですね・・・
クリーニングの結果だと思います。

> こんな素晴らしいことを思い出させてくれた、気づかせてくれたとんとんさんに、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
>
> これでまたひとつ、辛い過去を受け入れられた。
> 前を向いて進んでいけます。

お役に立てたのならとても嬉しいです。
ありがとうございました。
河合政実(とんとん) | 2011年12月09日(金) 11:52 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲TOP

 | HOME |