ホ・オポノポノ ヒューレン博士 ジョー・ヴィターレ ハワイの秘法 船井幸雄 豊かに成功するホ・オポノポノ 母との苦い想い出

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2011'02.24 (Thu)

母との苦い想い出

I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.



ここのところ、母とのある想い出がフラッシュバックすることがあります。

それは、私が小学校5年生のときのことです。


私の母には、小学校の友達たちは会ったことがありませんでした。
なぜなら、私の母は、何年も精神病院に入院したままだったからです。

友達に「河合のお母さんはどうして家にいないの?」と聞かれると「肝臓病で入院している」と答えていました。父から「肝臓病は長くかかる病気だからそう言え」と言われていたからです。

当時(今でもそうかもしれませんが)、精神病(「統合失調症」という病名は当時ありませんでした)は他人には隠さなければならない病気でした。


ある日、友人の1人が私に言いました。

「河合のお母さんは、本当は死んじゃっていないのだろ」
「そんなことないよ。生きてるよ」
「だって、見たことないじゃないか」
「肝臓病は時間がかかる病気なんだ」
私は父に言われた通りに反論いたしましたが、友達は首をかしげていました。


それから数カ月後のこと。
母が久しぶりに退院すると父に言われたのです。

母と再会出来る。
そう思うと心が躍ります。


そして、母との再会。
母は思った以上に元気でした。
数年振りに母に会えて、私は嬉しくて嬉しくてたまりません。


数日後、学校で父母が出席する行事がありました。
母も出席するとのこと。

学校行事があると、私の場合欠席となるか、たまに父が会社を休んで出席することがありましたが、男性の親は私だけで、いつも肩身の狭い思いをしていました。

それが今回は母が出席してくれると言うのです。
私はとても嬉しく思いました。


当日、学校の授業が終わり、私が友達たちと下校していると、親たちが登校して来るのとすれ違いました。
その中に母がいました。

なんと着物を来ています。
私はとても誇らしい気分になりました。


私が母とすれ違うときに、母が私のところに来てこう言いました。

「おばさん、これから先生と会ってくるからね」

(「おばさん? どうして?」私は、一瞬耳を疑いました。)



1時間ほどして、母が家に帰って来ました。

「なんで『おばさん』なんて言ったんだ!」私は母をなじりました。
「お母さん、久しぶりだったから、あがっちゃったのよ」と母。

「バカ! バカ! バカ! 死んじまえ。何で退院したんだ!」私は怒りを母にぶつけました。


それからしばらくして母はまた精神病院に入院してしまいました。
母はこのことですっかり自信を失ってしまったのでした。
そして、2度と正気に戻ることはありませんでした。


すっかり忘れていましたが、クリーニングすべき記憶として、私の心に浮上して来たのです。

私のことをとても愛してくれていた母。
うまく言えなかったことがさぞかし無念だったことでしょう。

私のせいで母の病気が再発してしまったという想い。
後悔してもしきれない、その罪悪感を私はクリーニングします。


お母さん、ありがとう。
愛しています。

そして、10歳の自分自身を愛して抱きしめてあげます。
つらかったね。淋しかったね。



I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.



ごめんなさい。
許してください。
ありがとうございます。
愛しています。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



■Mixiコミュニティ『ホ・オポノポノ研究会』
http://c.mixi.jp/hooponopono

■ツイッタ―
https://twitter.com/tontonponopono

■「豊かに成功するホ・オポノポノ」トップページに戻る■
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ホ・オポノポノ - ジャンル : 心と身体

01:30  |  ■河合政実体験記  |  CM(6)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

河合さんへ

こんにちは、marucoと申します。
大切なお話をシェアしてくださってありがとうございます。
お話を読ませていただいて、私の中に眠っていた記憶を
ウニヒピリがこちらに引っ張って来てくれて、読ませてくれたの
だと思いました。
私の兄は重度のうつ病でした。
やりきれない気持ちから、兄や母にあたってしまった記憶を
ずっと放置していました。
ホ・オポノポノに出会って、現在兄は「うつ病は完治した」と
言われるまでになりましたが、消して欲しいと言って「記憶」は
こうやって来るのですね。
本当に不思議です。
本当に、本当に、シェアしてくださってありがとうございました。
☆maruco☆ | 2011年02月25日(金) 00:24 | URL | コメント編集

こんにちは

2年前の松山セミナーに参加したののです。
貴重なお話をシェアして下さりありがとうございました。
自分と母のエピソードをそのまま見せてもらった様で…
母も心の病とされていましたが、独特のユーモアと美しいピュアな魂の持ち主でした。
とんとんさんのお母様もきっとそうだったのですね。
罪悪感や後悔、少しづつでもクリーニングしていきます。
本当に、ありがとうございました。

追伸
四国中央市のセミナーに参加できず残念でした。すごく興味があったのですが…
次の機会を信じてクリーニングします。

のの | 2011年03月09日(水) 09:49 | URL | コメント編集

Re: タイトルなし

鬱病、統合失調症の方は本当にたくさんいらっしゃいます。
なかなか公にはされる方は少ないですが、私の周りにもびっくりするくらいの人数の方がいらっしゃいます。

ご家族にそういう方がいらっしゃるのですね・・・
お気持ちはとてもよくわかります。

個人的なシェアをしていただき、心より感謝申し上げます。
私のブログでお役にたつことができたのなら、とても嬉しいです。

> こんにちは、marucoと申します。
> 大切なお話をシェアしてくださってありがとうございます。
> お話を読ませていただいて、私の中に眠っていた記憶を
> ウニヒピリがこちらに引っ張って来てくれて、読ませてくれたの
> だと思いました。
> 私の兄は重度のうつ病でした。
> やりきれない気持ちから、兄や母にあたってしまった記憶を
> ずっと放置していました。
> ホ・オポノポノに出会って、現在兄は「うつ病は完治した」と
> 言われるまでになりましたが、消して欲しいと言って「記憶」は
> こうやって来るのですね。
> 本当に不思議です。
> 本当に、本当に、シェアしてくださってありがとうございました。
河合政実(とんとん) | 2011年03月14日(月) 11:59 | URL | コメント編集

Re: こんにちは

> 2年前の松山セミナーに参加したののです。

それはそれはありがとうございます。

> 貴重なお話をシェアして下さりありがとうございました。
> 自分と母のエピソードをそのまま見せてもらった様で…
> 母も心の病とされていましたが、独特のユーモアと美しいピュアな魂の持ち主でした。
> とんとんさんのお母様もきっとそうだったのですね。
> 罪悪感や後悔、少しづつでもクリーニングしていきます。
> 本当に、ありがとうございました。

お役に立てたのならとても嬉しいです。

> 追伸
> 四国中央市のセミナーに参加できず残念でした。すごく興味があったのですが…
> 次の機会を信じてクリーニングします。

8月頃に高松に行く予定ですょ~。
河合政実(とんとん) | 2011年03月14日(月) 16:53 | URL | コメント編集

河合さんのこちらのエピソードを初めて読んだ時は、なんとも胸が痛い気持ちになりました。なぜなら私も小学生のころから喧嘩の度に両親や姉に「死んでくれ」と言っていたからです。十代の後半では反抗しつづけ、もう会話もしませんでした。

自分が両親に一番の迷惑を掛けたのは20代はじめの頃、マルチ商法の美顔器に嵌り、自分も販売員をしていたがノルマが達成できず数百万の買い込みをしました。そしてローンが払えずサラ金を何社も借りて返済に困り、恐ろしい取立てに怯え、私自身が欝になり、死のうと思って家を出た時もありました。

結局見るに見かねて両親が銀行で借りて全額返済してくれました。あの時は嬉しかったというより、胸がいたかったです。生きていていいのかわかりませんでした。

あれから15年くらい経ちますが、まだ、1円も返せていません。なんとか自分の得意分野の仕事で一生懸命働いていますが、なかなか金銭的な余裕のある暮らしは遠いのが現実です。

わたしは、そのことをずっと負い目に感じ、自分を責め続けてきました。でも、2年半前からずっとずっとクリーニングを続けてきたら、そのどうしようもない辛い経験も、両親への複雑な感情もすべて、自分の中の記憶の再生だったことが理解できました。

河合さんの辛い経験も記憶の再生によるものですよね。

私が幼い頃、両親は私に暴力や罵声をいっぱい浴びせ、一言も褒めずに育てました。そんな両親を恨んでいました。でも、今は愛してもらっていたことがわかります。

現在でも、自分の生活は苦しいので、たまに片道切符しか買えずに、故郷に帰ると笑顔で迎えてごちそうを用意してくれます。そして帰りの切符代を持たせてくれます。感謝の言葉しか浮かびません。

辛い経験や感情と向き合えるようになったのも、ホ・オポノポノに出会いクリーニングを続けてきたおかげです。本当に感謝しています。

私にできることは、やっぱりクリーニングだけです。これからも過去、現在、未来をクリーニングツールと12のステップでクリーニングをし続け、インスピレーションにしたがって行動し、自分と家族と社会が平和になることに近づいていけたらと思います。

ホ・オポノポノを伝えてくださって、本当にありがとうございした。愛と平和を。
KI hamamatsu | 2011年04月19日(火) 04:02 | URL | コメント編集

Re: タイトルなし

> あれから15年くらい経ちますが、まだ、1円も返せていません。なんとか自分の得意分野の仕事で一生懸命働いていますが、なかなか金銭的な余裕のある暮らしは遠いのが現実です。

「罪悪感」というのは実にやっかいなものです。
お金に関する罪悪感があると、その記憶が再生します。


> わたしは、そのことをずっと負い目に感じ、自分を責め続けてきました。でも、2年半前からずっとずっとクリーニングを続けてきたら、そのどうしようもない辛い経験も、両親への複雑な感情もすべて、自分の中の記憶の再生だったことが理解できました。

素晴らしい気づきですね・・・


> 辛い経験や感情と向き合えるようになったのも、ホ・オポノポノに出会いクリーニングを続けてきたおかげです。本当に感謝しています。
>
> 私にできることは、やっぱりクリーニングだけです。これからも過去、現在、未来をクリーニングツールと12のステップでクリーニングをし続け、インスピレーションにしたがって行動し、自分と家族と社会が平和になることに近づいていけたらと思います。
>
> ホ・オポノポノを伝えてくださって、本当にありがとうございした。愛と平和を。

私がやっていることもクリーニングをすることだけです。
ありがとうございます。
河合政実(とんとん) | 2011年04月27日(水) 11:58 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。