ホ・オポノポノ ヒューレン博士 ジョー・ヴィターレ ハワイの秘法 船井幸雄 記憶を癒すアロマがあなたを救う! 貴船でのインタビュー

2010'11.02 (Tue)

貴船でのインタビュー

I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.


 2008年11月ヒューレン博士が再度来日することとなりました。

 わたしは、光栄にもヒューレン博士から11月29日・30日に大阪で開催されるホ・オポノポノ・ビジネスクラスに招待をされることとなりました。
 

 そして、12月1日に京都の貴船で、ヒューレン博士をインタビューさせていただく時間を1日もらいました。
 場所は「栃喜久」という料亭旅館で、朝の11時からインタビューがスタートいたしました。
 

 錦織さんと「栃喜久」に到着し、インタビューをいよいよ始める段になって、わたしはとても不安になってしまいました。

 その不安から、今から思うととても失礼な質問を博士にしてしまったのです。

 「この本を書かせていただくのはとても光栄なことですが、そのようなことを本当にわたしがしてもいいのでしょうか?」
 博士は、わたしの顔をじっと見つめながら言いました。「河合さんみたいなタイプの人は、パーティには必ず必要ですよね。ほら冗談をいろいろ言って盛り上げてくれる人です。この本を書くのは河合さんあなたです。そうでなかったら、わたしはここにはいません」

 「本当にそうなんですね。とても信じられなくて・・・」とわたし。

 「実は、わたしも最初そう思ったのです。えっ、河合さん! あの河合さんなの?」と笑いながら博士。
 「そこでクリーニングをしました。3回クリーニングをしてもあなたの名前が消えなかったので、わたしはここにいるのです」 

 こうしてインタビューは和やかなムードのなかでスタートいたしました。
 事前に錦織さんと作成した企画書に沿って質問をさせていただき、ヒューレン博士に答えていただくわけですが、途中何ヶ所かで困った問題が起きてしまいました。
 
 たとえば、第6章のビジネスに関するQ&Aを例にとってみましょう。ここに掲載されている「ノルマをこなすにはどうしたらいいですか?」という質問をするといたします。あるいは「モチベーションが上がらないのですが?」「妻が仕事に理解がないのですが?」という質問をするといたします。
 するとそれに対するヒューレン博士の答えが「クリーニング!」「ゼロ!」の一言で終わってしまうのです。
 
 今のわたしにはそれがなぜなのかよくわかるのですが、そのときのわたしとしては、ヒューレン博士に長々とたくさんのことを話してもらいたかったので、困ってしまいました。
 
 あまりにも「クリーニング!」「ゼロ!」という言葉が続くので、「もう質問しなくてもいいですね。残りの質問の答えも同じように書いておきましょう」と言うと、ベティから「河合さん、ちゃんと博士に聞いてください。聞くというプロセスも大事ですから」と言われたのです。
 

I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.


ごめんなさい。
許してください。
ありがとうございます。
愛しています。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



■Mixiコミュニティ『ホ・オポノポノ研究会』
http://c.mixi.jp/hooponopono

■ツイッタ―
https://twitter.com/tontonponopono

■「豊かに成功するホ・オポノポノ」トップページに戻る■
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ホ・オポノポノ - ジャンル : 心と身体

23:46  |  ホ・オポノポノ  |  CM(3)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

面白いエピソードです。

始めてコメントさせて頂きます。

このお話、
映像化したらおもしろいだろうな~

ありがとう
ゆるしてください
ごめんなさい
愛してます
アーナンダ | 2011年08月11日(木) 15:05 | URL | コメント編集

やはりすごい話だと感じます。

>>
「実は、わたしも最初そう思ったのです。えっ、河合さん! あの河合さんなの?」と笑いながら博士。
 「そこでクリーニングをしました。3回クリーニングをしてもあなたの名前が消えなかったので、わたしはここにいるのです」 
<<

ヒューレン博士は本が出ることは感じていたんでしょうが、
(解っていたですか?)
誰に
インスピレーションが降りるか

とんとんさんからのアプローチで
判明したんだな~

勝手に
解釈してました。

う~ん 素晴らしい
憧れちゃう!
 ↑
クリーニング
させて頂きます。

いつもありがとうございます。

ありがとう 許してください ごめんなさい 愛してます
アーナンダ | 2011年08月23日(火) 12:08 | URL | コメント編集

Re: やはりすごい話だと感じます。

ヒューレン博士は、何事もクリーニングして、「神聖なる存在」に委ねるだけなのだと思います。
自分の意志というものは、どうもないようです。
河合政実(とんとん) | 2011年09月24日(土) 14:49 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲TOP

 | HOME |