ホ・オポノポノ ヒューレン博士 ジョー・ヴィターレ ハワイの秘法 船井幸雄 豊かに成功するホ・オポノポノ 『慰霊の日』に開催した「沖縄講演会」レポート

2010'06.29 (Tue)

『慰霊の日』に開催した「沖縄講演会」レポート

I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.


23日は、沖縄県は沖縄市での講演会「人生はクリーニング!!」でした。

としきさんのコーディネートの下、おかげさまで80名を超える方が参加いたしました。(当日参加が20名もいらしたということで、これまたびっくりです)

浜松では、参加者の6~7割の方が『豊かに成功するホ・オポノポノ』の読者でしたが、沖縄市では1割程度。ホ・オポノポノのことはよく知らないという方が半分近くもいるという今まで経験したことのない状態のなかでの講演会でした。

ですから反応が今一つ掴めなかったのですが、後で聞いたところ、参加された方の感想が非常に良かったととしきさんから伺いほっとしています。

沖縄10.6講演会
沖縄市産業交流センター

講演会終了後、としきさんのヒーリングハウスでの20人近くの方が参加して、打ち上げを開催。和やかな雰囲気のなかで楽しい一時を過ごしました。



今回の沖縄講演会は、実に不思議でした。春にとしきさんから講演会の依頼があったのですが、沖縄は旅費が高いのでどうしたらいいものか迷っていました。

するとスタッフが「去年行かなかったので、今年は社員旅行に行きましょう」と言うので、「どこにする?」と尋ねると・・・

なんと「沖縄に行きたいとみんな言ってます」とのこと。

数日して社員旅行の日程も決まったのですが、それが6月22日~24日の2泊3日となったのです。

そこで「旅費交通費はいらないから6月23日に講演会をやらせて欲しい」ととしきさんに返事をすると「わかりました。やりましょう」という答えが返って来ました。

しばらくして、としきさんから「どうしてその日を選んだのですか」と尋ねられ、「社員旅行の都合なのです」と答えると

「その日は『慰霊の日』です。沖縄戦が終結した日です」とのことだったのです。(『慰霊の日』は沖縄では学校はお休みです)


さて、宿泊していたホテルが去年の8月の沖縄講演会のときに家族旅行を兼ねて泊まっていたのが「沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ」です。

tかりゆしビーチホテルとっくりやし
とっくりやしに囲まれているホテル「沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ」

このホテルは、沖縄サミットのときにロシアのプーチン大統領が泊まっていたホテルで、周囲がとっくりやしに囲まれているというポノラー睡涎のホテルなのですが、このホテルは私でなくスタッフが予約したので、これも全くの偶然なのです。


さて、23日は午前中はプールでのんびりして、午後からレンタカーで沖縄市へ向かいました。FM沖縄をつけると『慰霊の日』なので、沖縄戦の話が随所に出て来ます。その話を聴きながら、高速を使わず一般道路をゆっくりと車を走らせました。気づいたら時々クリーニングをしていました。

1時間半ほどして、沖縄市のとしきさんのヒーリングハウスに予定より早く到着すると、としきさんは不在で、屋久島出身の癒しの歌い手・AZAMIさんが出迎えてくれましたた。那覇などでライブをする関係で、こちらに滞在しているのだそうです。

間もなくとしきさんも到着し、1時間ほど整体マッサージを受けます。極楽・極楽です。


そして、いよいよ、講演会会場の沖縄市産業交流センターへと向かいます。

途中としきさんに「河合さん、沖縄ではどこか神社は参拝しないのですか」と尋ねられましたが「今回は考えていません」と私。

ところが、沖縄市産業交流センターすぐそばの泡瀬という交差点を左折したとき、何かパワーを感じる小さな森のようなものに気づいたのです。

「あれは何ですか」
「ウガンジュと言って、拝むところです」

私は会場に着くと、とてもその場所が気になったので、早くから会場に来ていた参加者の方に聞いてみました。すると「泡瀬ビジュル」と言って、地元の人々の信仰を集めている場所とのこと。

すると参加者の方が案内してくれるというのです。

泡瀬ビジュル鳥居

一の鳥居、二の鳥居を越して、本殿の前に立って参拝させていただくと、身体中が熱くなるのを感じました。一緒に参拝された方も「身体中が熱くなった」と驚いていました。

泡瀬ビジュル

この不思議なパワーはどこから来るのでしょうか。


参拝を終えて、会場に戻ると講演開始のちょうど10分前でした。

沖縄講演会でのとても不思議な体験でした。


※泡瀬ビジュル
泡瀬はその昔「あせ島」「あわす小離」と称され高原村より東へおよそ九町、隔海に突出した無人の小島で、自然に形成された砂州と南西には広い干潟を有していた。
1768年頃、読谷山間切の在番役を退役した樊氏高江洲(築登之親雲上)義正は、初期の居住者としてこの地に入植し、広い砂州と干潟を開墾して、農耕のかたわら塩を焚き安住の地をここに定めた。
ある日、漁猟に出た義正は海面に浮かぶ霊石を見つけてもちかえり霊験あらたかなるビジュル神として、島の西側磯のほとりに石祠を建てて安置し、信心したのがビジュル神信仰の始まりと言い伝えられている。



I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.



ごめんなさい。
許してください。
ありがとうございます。
愛しています。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



■Mixiコミュニティ『ホ・オポノポノ研究会』
http://c.mixi.jp/hooponopono

■ツイッタ―
https://twitter.com/tontonponopono

■「豊かに成功するホ・オポノポノ」トップページに戻る■
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ホ・オポノポノ - ジャンル : 心と身体

タグ : ホ・オポノポノ ジョー・ヴィターレ 船井幸雄 ヒューレン博士 豊かに成功するホ・オポノポノ みんなが幸せになるホ・オポノポノ あなたを成功と富と健康に導くハワイの秘法 心が楽になるホ・オポノポノの教え ウニヒピリ

01:33  |  ■河合政実訪問記  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲TOP

 | HOME |