ホ・オポノポノ ヒューレン博士 ジョー・ヴィターレ ハワイの秘法 船井幸雄 豊かに成功するホ・オポノポノ ヒューレン博士来日(1)

2009'12.08 (Tue)

ヒューレン博士来日(1)

ヒューレン博士が今年3回目の来日を果たされました。


今回のクラスの場所は、横浜と神戸。

どちらも開港150周年の節目の年にあたり、横浜市・神戸市ともに多くのイベントを開催しています。

その横浜と神戸で、しかも内陸でなく港に隣接する会場で、クラスが開催されるということは、何という偶然なのでしょうか。

日本の近代化は、横浜と神戸という二つの港の発展があったからこそ、できたもの。

貿易立国の根幹の地なのです。


しかも、横浜で博士の宿泊されたホテルは、ホテルニューグランド。
マッカーサー元帥のGHQがあった場所なのです。

戦後の奇跡の復興の原点となった場所なのです。


ヒューレン博士の今回の来日で、日本の近代化と高度成長のひずみのクリーニングをしていただいたと私は感じました。

これで、日本の経済も上昇に転じるような気がします。


ホ・オポノポノ・アジアの代表で友人のベティと、ヒューレン博士になぜここを会場に選んだのかと尋ねたら、理由はないとのことで、まったくの偶然のようです。

「東京がとれなかったの」とベティに言われました。

「神聖なる存在」が選択した会場だったのでしょう。



さて、今回のビジネスクラスは、とても内容が濃かったような気がします。
いつもより深く始まったような気がしました。

僕にとっても多くの方々と再会することができ、感謝です。

たくさんの方に声をかけていだきました。
この場をお借りして、感謝を申し上げます。



5日の夜は、横浜そごうの紀伊国屋書店でのサイン会のあと、私の講演会のコーディネーター/主催者で今回のビジネスクラスに参加していた3名の方、ソフトバンククリエイティブの錦織さん、そしてうちの家内(家内の出席は博士からの強い要請がありました)など、ごく少数のメンバーと中華街の「華正楼」で、ヒューレン博士、ベティ平良さんとの夕食会を開催いたしました。


ヒューレン博士から「あたなは奥さんの素晴らしさがわかっているか」「奥さんがいなかったら死んでいたところだ」「あなたはどれだけ自分がラッキーだかわかっているか」と言われたので、

「はい。そう思っています。今は家内の声を神の声だと思っています。毎朝ハグしてキスをしています」と答えると、

家内に「いつからそういう態度になりましたか」と質問をされました。

「最近ですね」と家内が答えると、博士は笑いながら私は見て「やっぱり」というような顔をされ、「河合さんはもっと奥さんの素晴らしさを知るべきです」と言われました。


そして、『豊かに成功するホ・オポノポノ』について、次のように言われました。

「本のクリーニングは、子どもの自立と同じです。十分に愛して慈しんだら、クリーニングを行い、親子の関係を切るように、本との関係を切っていくのです。こうすることで、本は本として自立し、本としての存在が確立できる。そうすれば、本にも神聖なる存在からインスピレーションが降りてきて、本が勝手に販路を探し、自然に売れて行くのです」

「河合さん、あなたも本に自立をさせなさい」


これには参りました。

以前に「本を愛しなさい」「本をクリーニングしなさい」と言われて、ずっとそのことは続けて来たのですが、最近「僕の本」だとか「僕が書いた本」だとか「僕が一生懸命クリーニングしている本」という想いがとても強くなっていました。

豊かに成功するホ・オポノポノ』は“僕の本”でなく、“神聖なる存在の本”なのです!


そして、博士にこうも言われました。
「河合さん、あなたは他の本もクリーニングしているか」

「いえ、すみません。していません。明日からホ・オポノポノの他の本もクリーニングします」

「私が言っているのは、すべての本という意味だ。本屋にあるすべての本をクリーニングしなさい」

これには、もっと参りました。


ヒューレン博士は、なんという方なのでしょう。

私は、今日からすべての本のクリーニングをしています。




引き寄せ実現パーティ2014(12/16横浜)【満員御礼】
http://www.nb-labo.co.jp/seminar/event20091216.html

第1回『豊かに成功する夫婦セミナー』(12/19東京)
http://www.nb-labo.co.jp/seminar/success20091218.html

河合政実講演会『人生はクリーニング!!』(12/27東京)
http://openmind.or.jp/?p=37

引き寄せ実現新春パーティ2015(1/15横浜)
http://www.nb-labo.co.jp/seminar/event20100115.html

『豊かに成功するビジネスセミナー2』(1/17広島)
http://www.nb-labo.co.jp/seminar/success20100117.html

河合政実講演会『人生はクリーニング!!』(1/24横浜)
http://www.nb-labo.co.jp/seminar/success20100124.html




ごめんなさい。
許してください。
ありがとうございます。
愛しています。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



■Mixiコミュニティ『ホ・オポノポノ研究会』
http://c.mixi.jp/hooponopono



■「豊かに成功するホ・オポノポノ」トップページに戻る■
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ホ・オポノポノ - ジャンル : 心と身体

タグ : ホ・オポノポノ ジョー・ヴィターレ 船井幸雄 ヒューレン博士 みんなが幸せになるホ・オポノポノ 豊かに成功するホ・オポノポノ あなたを成功と富と健康に導くハワイの秘法 心が楽になるホ・オポノポノの教え

02:19  |  イハレアカラ・ヒューレン博士  |  CM(6)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

はじめまして。
単純に、よくわからないことがあるので質問させてください。

「ホ・オポノポノでは、他人や自分以外をクリーニングすることは危険で、自分をクリーニングすればよいのです」というようなことが、繰り返しこのブログでも書かれているように理解しています。

が、とんとんさんが、入院中に病院をクリーニングされたり、本をクリーニングされたりして、自分以外をクリーニングされていたり、
博士がとんとんさんをクリーニングされていたりするのを読むと、他をクリーニングしてはいけない、ということをいまひとつ理解できずにいます。
どのように理解したらよろしいですか?
A | 2009年12月08日(火) 07:50 | URL | コメント編集

実は、私は河合さんとヒューレン博士に本にサインをもらって大切にしてましたが
ある日、心の声でしょうか。「本より実践」という言葉が聴こえました。
こちらのブログにも、本自体がクリーニングツールになるとか
関わった全ての方がクリーニングをしている貴重さや
ましてお二人のサイン入りの本。
ところが、数週間前、旅立たせました。
もったいないという気持ちもクリーニングしました。
手元に置いておく甘えより、実践だと心から感じたためです。
ゴミにするなんてという気持ちもクリーニングしましたが
この本が、収集場をクリーニングして下さるなと
ふと思って、今は執着は少なくなっています。
著者の河合さんには失礼なのですが
今日の博士の本の自立を見て思わず、報告させて頂きました。
クリーニングの実践後は、大きな出来事がありましたが
その後は何もかもスムーズです。
世に広めて頂き、感謝しています。
PS:奥様とハグとキスなんて、ステキです。
Zeroジャーニー | 2009年12月08日(火) 12:03 | URL | コメント編集

Re: タイトルなし

正確に言えば、ヒューレン博士も私も他人をクリーニングするということは一切していません。

クリーニングしているのは、他人に関する自分の間違った潜在意識の記憶をクリーニングしているのです。

そして、他人に関する自分の潜在意識のクリーニングについても、初心者の方にはあまりおススメできません。自分の潜在意識をクリーニングしているつもりで、気づかぬうちに他人に対してのクリーニングになってしまうことが多いからです。

また、自己のケアと自分自身のためのクリーニングをきちんとしないで、他人のクリーニングばかりをしていると、インナーチャイルドが怒ったり、そっぽを向いたりしてしまいます。

インナーチャイルドを無視し続けていると、私の例でもわかるように、それを気づかせるために病気になったり、トラブルが発生したりするなど、様々な障害が人生に発生することになります。

ですから、十分に自分自身のケアをきちんとして、間違わぬように注意を払った上で、他人に関する自己の潜在意識の記憶のクリーニングを行ってください。
河合政実(とんとん) | 2009年12月11日(金) 00:47 | URL | コメント編集

Re: タイトルなし

正直なコメントありがとうございます。

本は喜んで旅立っていったものと思います。

論より実践です。
ありがとうございます。

JUST DO IT !
河合政実(とんとん) | 2009年12月11日(金) 00:57 | URL | コメント編集

他人へのクリーニング

自分のケアと自分自身のためのクリーニングをしていないとインナーチャイルドが怒ったり、そっぽを向いたりするというお話しとっても気が引き締まりました。ぼーっとしてると自分のクリーニングではなく他人のクリーニングしていることたびたびですので。
そこで、例えば12/11のヒューレン博士来日(3)で
>「河合さん、ここを通る人たちとは私たちは二度と会いません」
>「今私たちの横を通った人の一人が自殺を考えていましたが、>私たちがクリーニングをすれば防ぐことができるかもしれない>のです」
>そう言われたので、私はベティが現れるまで、エスカレーター>を登ってくる人すべてをずっとクリーニングしていました。

この時とんとんさんが具体的にどういった言葉でクリーニングされたのか教えていただけますか?よろしくお願いします。
ゆか坊 | 2009年12月13日(日) 20:15 | URL | コメント編集

Re: 他人へのクリーニング

> 自分のケアと自分自身のためのクリーニングをしていないとインナーチャイルドが怒ったり、そっぽを向いたりするというお話しとっても気が引き締まりました。ぼーっとしてると自分のクリーニングではなく他人のクリーニングしていることたびたびですので。

ご自身のクリーニングやケアをきちんとされていれば、恐れることはありません。

> この時とんとんさんが具体的にどういった言葉でクリーニングされたのか教えていただけますか?よろしくお願いします。

一番楽な方法です。
人が現れるたびに「X(エックス)」と念じていました。

ものぐさには楽な方法です・・・。
河合政実(とんとん) | 2009年12月20日(日) 12:39 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲TOP

 | HOME |