ホ・オポノポノ ヒューレン博士 ジョー・ヴィターレ ハワイの秘法 船井幸雄 豊かに成功するホ・オポノポノ 母の想い出

2009'12.04 (Fri)

母の想い出

2日の宇都宮セミナー&ライブの翌日、那須塩原温泉で一泊し、のんびりとした時間を過ごしました。

そして、本日、宇都宮経由で、横浜に戻って来ました。


車が宇都宮駅が近づいて来たところで、突然母親のことを想い出しました。


母は、私を生んですぐに精神病院に入院してしまいました。


時々よくなって退院するのですが、すぐにまた病状が悪化して入院をしてしまいます。

私も退院して来た母にいろいろと我儘を言って、母をよく困らせていました。
それも病状を悪化させた原因のひとつだったのではと今では反省しています。


なぜ、母を想い出したのだろうと思って、あることを想い出しました。

一時期、母は「宇都宮病院」という宇都宮にある精神病院に入院していたのです。


私も小学生の頃一度だけ「宇都宮病院」にお見舞いに行ったことがあります。

横浜から遠く離れた病院になぜ父が入院をさせたのか、当時は意味がよくわかりませんでした。


そこは宇都宮の駅からタクシーで20分ぐらいでしょうか、街中から少し離れている病院でした。


当時はまだ精神病(統合失調症)に対する理解もなく、そういう病気は家の恥で隠そうとする風潮がありました。だから、横浜から遠く離れた病院に入院させたのでしょう。

母の病気のことは河合家の秘密であり、私も小学校の同級生に「お母さんは何の病気なの?」と聞かれると、父に言われた通りに「肝臓病」と答えていたことを記憶しています。


うす暗い大部屋のようなところに母はいました。
ぶつぶつと独り言をずっと言っている人や、ぼんやりと一点を見つめている人もいます。

私たちに気づくと、母はとても喜んでくれました。


1年ぶりの再会なのですが、会話もあまりはずみません。
もっぱら6歳年上の当時高校生だった兄が母と話をしていました。

着いて20分くらいでしょうか。父が突然「帰ろう」と言い出しました。すると母がとても寂しそうな表情をしたことを今もはっきりと覚えています。


タクシーに乗り込むと「特急の時間があるから急いでくれ」と運転手さんに父が言ったことを覚えています。

兄が「これからは毎月来ようね・・・」と言うと、父は何も言わず、腕組みをしていました。


結局それから2度と「宇都宮病院」に見舞いに行くことはありませんでした。

数年後、母は別の精神病院に移りました。



宇都宮の駅に着くと、母のことを想い出して、涙がこぼれました。


お母さん、ありがとう。
宇都宮へ来させてくれて感謝しています。
お見舞いに行かなくてごめんなさい。
心から愛しています。



ごめんなさい。
許してください。
ありがとうございます。
愛しています。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



■Mixiコミュニティ『ホ・オポノポノ研究会』
http://c.mixi.jp/hooponopono



■「豊かに成功するホ・オポノポノ」トップページに戻る■
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ホ・オポノポノ - ジャンル : 心と身体

タグ : ホ・オポノポノ ジョー・ヴィターレ 宇都宮 船井幸雄 ヒューレン博士 みんなが幸せになるホ・オポノポノ 豊かに成功するホ・オポノポノ あなたを成功と富と健康に導くハワイの秘法 心が楽になるホ・オポノポノの教え

17:25  |  ホ・オポノポノと家族  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

お母様ありがとうございます。

これは間違いなく私の記憶だと思いました。

私の記憶のどこかのプログラムのせいで、
過去の時間の中でとんとんさん、お母様、そして
お父様、お兄様が苦しんでいるのだと。
そして、それは今でも続いているのかもしれないと。

私の責任ですので、クリーニングします。

とんとんさんのお母様、
私に貴重なクリーニングの機会を下さいまして、
本当にありがとうございます。
のの | 2009年12月07日(月) 13:07 | URL | コメント編集

Re: お母様ありがとうございます。

ご自身の潜在意識のなかの記憶をクリーニングをしていただいて感謝いたします。

母もきっと喜んでいると思います。


ありがとうございます。
愛しています。
河合政実(とんとん) | 2009年12月08日(火) 03:04 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲TOP

 | HOME |