ホ・オポノポノ ヒューレン博士 ジョー・ヴィターレ ハワイの秘法 船井幸雄 豊かに成功するホ・オポノポノ 2014年01月31日
fc2ブログ

2014'01.31 (Fri)

ずっとクリーニングしていますが変わりません

I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you


A:クリーニング中毒になっていないかチェックしてみてください。


わたしは、もはやホ・オポノポノを卒業して、実践していないので、あくまでも個人的な見解としてお読みください。

ホ・オポノポノ実践者の方で、「ウニヒビリと出会えない」の次に多いのが「クリーニングしても変化がない」「何年やっても変わらない」「むしろ悪いことが以前より多くなった」という悩みです。

クリーニングを知ってしまうと、クリーニングのことで頭がいっぱいになってしまう人が多いようです。
毎日果たさなければならない“ルーティーン”のようなクリーニングのコースがあり、それを行わないと気がすまないのです。
 
悲惨なテレビのニュースを見たり、新聞記事を読んだりすると、必死になってクリーニングをし、誰か友人に問題があると聞けば、その人の立場に立って一生懸命クリーニングをします。

自分の問題に対するクリーニングも必死です。少しでも問題が起これば、それが改善するまでありとあらゆる手段を使ってクリーニングをします。このクリーニング・ツールで改善が見られなければ、別のクリーニング・ツールを使う。1日に4つの言葉を言う回数が足りないのではないかと、さらに言う回数を増やす。いや、ウニヒピリのケアが足りないのではないかと、ウニヒピリに話しかけたり、着せる洋服を作ったり・・・・と、きりがありません。
ところが、いくらクリーニングをしても、どのように方法や形を変えても、状態が良くならない場合があります。どうしても期待通りに改善されないのです。

確かに問題が多少改善されたり、問題がいったんは消えたりするのですが、同じ問題が再度吹き出したり、別の問題が発生したりするのです。

当事者にとっては切実なことで、こんなことを言うと本当に申し訳ないのですが、わたしはこのような現象を“クリーニング中毒”と名付けています。

なぜ、クリーニングをしているのに、問題が起き続けるのでしょうか。
それは、わたしたちが“問題を解決するため”にクリーニングをしているからです。

「そんなのは当たり前ではないか」「問題解決のためのメソッドではないのか」と怒られてしまいそうです。
精神世界に興味を持つきっかけとして、「問題を解決したい」「悩みをなんとかしたい」という切り口か入るのは仕方のないことだと思います。

しかし、“問題を解決するため”にクリーニングをしている限り、わたしたちは“問題のある”世界に生き続けることになります。

わたしたちが“クリーニング中毒”を続けている限り、わたしたちは“問題のある世界”を創造し続けているのです。

わたしが創始した「自愛メソッド」は、「問題をクリーニングする」という世界には既にいません。
この世界は、完璧に創られているので、実は、クリーニングする必要はないのです。

わたしは、「クリーニングしなければならない」という呪縛から解き放たれる時が来ていると信じています。

わたしたちは、完璧な存在なのだから、そもそもクリーニングする必要はないのです。実は、そう思うことが最大のクリーニングの方法なのです。


では、“完全な世界”を生きるとどうなるでしょうか。


まず“問題”は消滅します。そして、クリーニングをする必要がなくなり、“クリーニングしなければならない”という呪縛から解放されるのです。

とはいえ、現実の社会を生きていると、“問題”のように思えることが起きるかもしれません。

その時は、問題を体験している時に浮かんでくる感情をクリーニングすればいいのです。

もう、やみくもにクリーニングをする必要はないのです。「24時間、365日、毎瞬毎瞬クリーニングしなければならない」というのは、はっきり言ってナンセンスなのです。


I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.


ごめんなさい。
許してください。
ありがとうございます。
愛しています。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



■Mixiコミュニティ『ホ・オポノポノ研究会』
http://c.mixi.jp/hooponopono



■「豊かに成功するホ・オポノポノ」トップページに戻る■
スポンサーサイト



テーマ : ホ・オポノポノ - ジャンル : 心と身体

00:53  |  ホ・オポノポノ  |  CM(8)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |