ホ・オポノポノ ヒューレン博士 ジョー・ヴィターレ ハワイの秘法 船井幸雄 豊かに成功するホ・オポノポノ 2012年01月07日
fc2ブログ

2012'01.07 (Sat)

父の愛

I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.


昨年の後半から「父親をクリーニングしなさい」という声が何度も聞こえていました。

私は、その声に気づきながらも無視していましたが、ついにお金に関するクリーニングすべき大きな事件が10月の新月の頃に起こり、もはや待ったなしの状態になっていたのです。

新年を迎え、1月5日からハワイ島へ行く予定がキャンセルとなって、ぽっかりと時間が空いた私は、昨日改めての父のことに向き合うことにいたしました。


父は、成功した会社の2代目の経営者で、大変な資産家でした。
私が小学校5年生の時に、父は、自らデザインした街一番の大きな屋敷を建て、私たち家族はそこに引っ越しをしました。

父の自慢の大きな家に引っ越しして、何ヶ月か経ったある日の夕方のことです。

玄関のチャイムが鳴り、私がドアを開けると、スポーツ刈りの頭をして、グレーのジャージを着た中学生の男の子がドアの前に立っていました。

新聞配達の少年が集金に来たのです。


父は、毎日5時15分頃になると家に帰って来て、2階へ登って濃紺の浴衣に着替えます。

「お父さん、新聞の集金だよ」と私が1階から叫ぶと、父が浴衣の帯を締めながら階段を降りて来ました。

玄関で少年に応対した父は、笑い顔ひとつ見せずに、少年にこう言ったのです。「先週の木曜日に夕刊が入っていなかった。だからその分の代金30円を差し引いて払う」

「そんなこと僕に言われても困ります。僕はただ集金に来ただけなんです。ちゃんと払ってください」と少年は泣きそうな顔で父に言います。

「ダメだ。入っていなかったものは払えない。そう言えば、その前の週も入ってなかった。そんなことを言うんだったら、2回分の60円を引いて払うぞ」父はさらに冷たく少年に言います。

「そんなの困ります。だったら、もう、自分で払います」と少年は言って、自分のポケットから30円を取り出すと、それを父から渡されたお金に足して集金袋の中に入れたのです。

少年の目からみるみる涙が溢れだし、玄関のドアをパタンと閉めて、逃げるように少年は、走って帰って行きました。


私は、その少年が泣きながら帰って行く後ろ姿を見てこう思いました。

「お金ってなんて汚いのだろう」
「お金は人を不幸にするものだ」

そして「父のような大人には絶対にならないぞ」と心に決めたのでした。


それから、十数年の月日が流れ、私は24歳となり、大学を卒業して大手銀行に就職しました。

その年の春に、父は、59歳の若さで腎臓癌で亡くなり、私は24歳で父の後を継いで、会社の社長となったのです。


しかしながら、私は、父と正反対の性格になってしまいました。
父は、真面目で慎重な倹約家でした。私は、冗談が好きな冒険好きの浪費家です。

小学校5年生の時に、無意識に、心の底で感じたこと、決意したことが文字通り現実化したのです。

「お金は汚ない」「お金は人を不幸にする」という思いから、私は、無意識のうちに、お金を持っていられなくなってしまいました。つまり、お金を貯金することが全くできない人間になってしまったのです。

お金はすべて使ってしまわないと、つまり浪費してしまわないとどうしても気がすまないのです。そして、友人はもちろんのこと他人にわけもなくご馳走をしたり、無理をして多額の寄付をしたりすることを好むようになったのです。

父が亡くなったときに、父は私に10億円という遺産を残してくれたのですが、わずか5年でその遺産をすべて使い果たしてしまいます。それどころか、今度は反対に借金がどんどんと膨らんでいったのです。


お金に対するブロックは、この小学校5年生の時の記憶の再生が原因だったのです。

30歳の時に自己啓発セミナーを受けて、この記憶が私のお金のブロックの原因だと気づき、借金の金額はそこで止まりましたが、借金はすでに10億円を超えていました。(まだ数億円の借金が残っています)



ホ・オポノポノを知ってから、ずっと父の記憶のクリーニングを続けてますが、そのおかげでしょう、借金は劇的に減少をしています。

しかし、まだまだ完了できていないという自分がいました。


そして、昨日、仏壇に手を合わせて、父のクリーニングをしていた時に、40年前の父の愛が伝わって来たのです。


「政実。俺は、お前にお金の大切さを教えたかったんだよ。だから、敢えてああいうことをお前の目の前でしたんだよ」

「あの少年には、厳しいかもしれないが、社会のルールというものを伝えたかったんだ」


父の心は、小学校5年生の私には伝わりませんでした。
しかし、52歳の私に、今、伝わったのです。

父が悪かったわけではありません。
私が悪かったわけでもありません。
ましてや、あの少年が悪かったわけでもありません。

すべての物事は、完璧なタイミングで伝わるのです。

今の私に、父の心を受けとめる準備が出来たので、伝わったのです。


父の愛を受けとめるのに、40年以上の歳月がかかりました。
でも、それも地球の長い歴史の中で見れば、瞬きするような時間です。


お金の大切さ、身に染みて、よくわかりました。



ずっと「父を乗り越えよう、乗り越えよう」としていました。
もっと「父の上に行こう、上に行こう」としていました。


父との比較ばかりをしていた自分がいました。
そんな必要はないんですよね。

父は父。
わたしはわたし。


偉大な父でした。
経営の天才でした。


お父さん、ありがとう。
愛しています。


私は、偉大なお父さんの子です。
そして、わたしはわたしです。



I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.



【自愛塾】や私のオリジナル講演会・セミナーについては、下記の専用ブログをご参照いただけますようお願い申し上げます。
↓↓
※【自愛塾】『自分を愛すれば魂が導いてくれる』

http://luckyfortune.blog89.fc2.com/



ごめんなさい。
許してください。
ありがとうございます。
愛しています。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ


■Mixiコミュニティ『ホ・オポノポノ研究会』
http://c.mixi.jp/hooponopono

■ツイッタ―
https://twitter.com/tontonponopono

■Facebook
http://www.facebook.com/tontonponopono

■「豊かに成功するホ・オポノポノ」トップページに戻る■
スポンサーサイト



テーマ : ホ・オポノポノ - ジャンル : 心と身体

15:31  |  ホ・オポノポノ  |  CM(30)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |