ホ・オポノポノ ヒューレン博士 ジョー・ヴィターレ ハワイの秘法 船井幸雄 豊かに成功するホ・オポノポノ 2011年11月

2011'11.11 (Fri)

コンサート会場がわからない!?

I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.



忘れもしない10月1日、私は、ピアニストの児島洋子さんから、バイオリニストの板垣美沙緒さんとのデュオコンサートの招待を受けていました。

チラシとチケットをわざわざ郵送していただいただけでなく、とんとんカフェにもお越しいただき、実際に会いにも来てくれました。


1ヶ月後だな・・・。

2週間後だな・・・。

来週だ!

いよいよ3日後だ!


そう思って楽しみにしていたのですが、生涯の不覚ですが、当日になって、すっかり忘れてしまったのです。


その日は、新宿でセミナーがあり、終わって新宿から6時発の湘南新宿ラインに乗り込みました。

家内に7時頃に家に着くとメールを送ったところ、メールが届いているのに気がつきました。


「あのー。そろそろコンサートが始まる時間ですが、まだお見えにならないようですが・・・」
今回の児島洋子さんのコンサートのプロデュースをしているラムさんからのメールでした。


私は、そのメールを読んで頭が真っ白になりました。


あ、やばい!
今日だったんだ!


冷や汗がどっと噴き出るのを感じながら、とりあえず、電車を降りることにいたしました。
次の駅は渋谷です。

家を出るときに、コンサートの当日であることをすっかり忘れてしまったので、チケットもチラシもありません。

どこで、コンサートがあるのか全くわからないのです。


手帳を慌ててみると、6時ー東大駒場と書いてあります。
たぶん、コンサートのことを書いたメモだと思い、東大駒場という駅がどこにあるのか携帯電話で検索いたしました。

すると渋谷から井の頭線で二つ目の駅であることがわかりました。
これはついている!


渋谷駅に着くと、すぐらラムさんに電話をしました。しかし、留守電です。
メールもしましたが、返事もありません。

コンサートが始まってしまったら、電話には出れないでしょう。


とりあえず、井の頭線に乗ることにいたしました。
電車の中で、児島洋子さんのfacebookのページを探し、今日のコンサートの情報を探しました。

するとコンサート会場が“ムジク・ビアフォーヌ”であるということがわかりました。
そこの住所と電話番号が掲載されていました。

東大駒場の駅に着き、ホームから“ムジク・ビアフォーヌ”に電話をしましたが、誰も電話に出ません。

そこで、改札を出ようと思いましたが、西口と東口の二つの改札口があって、“ムジク・ビアフォーヌ”がある駒場4丁目がどちらの改札口なのかわかりません。

そこで、ホームにいた女子学生に「駒場4丁目はどちらの改札口ですか」と尋ねると、「私はあまり詳しくないので・・・。あんたここに住んでいるでしょ。どっち?」と男子学生に尋ねます。

するとその男子学生は「俺、わかないなあ!」と言い、「先生知ってますか」と今度は先生に尋ねます。


結局誰もわからず、私はとりあえず、近場の改札口から出ることにいたしました。

改札口には、駅員さんがいたので「駒場4丁目はこちらの改札ですか」と尋ねると、「この改札を出て右に進み、二又に別れたら左側に進んでください。その辺りからが駒場4丁目付近です」と教えてくれました。


さて、改札を出ると、もう辺りは真っ暗です。
駅員さんに言われた通りに道を進んで行くと、住宅地になってしまいしました。

これでいいのか不安になりましたが、周囲にそれらしき建物がないか探しましたが、見つかりません。


困ったなあ・・・

どうしよう!

今日はどう考えても無理だな・・・。

今度正直に謝るしかない。


そう半ば観念しかねた時に「ああ、そうだ。そう言えば、ホ・オポノポノをしていないや!」と思ったのす。


そこで、私は、クリーニングをしたのです。


すると、30秒もしないうちに、クロネコヤマトの宅急便の方が、荷物をたくさん台車に載せて、私の目の前を横切って、マンションの中に入って行くのが、ぼんやりと見えました。

当初、どうしようと焦っていて、その意味に気がつきませんでしたが、「そうだ。宅急便の人だったら、知っているかもしれない」と思い、すぐに追っかけて、マンションの中に私も入って行きました。


宅急便の方は、まだオートロックの前に立っていました。

そこで、私は尋ねたのです。
「“ムジク・ビアフォーヌ”をご存知ですか。コンサートの会場らしいのです」

すると宅急便の方がこういうのです。
「ああ、それはもこの白い壁沿いに100メートルぐらい進んだ左側の家です。個人の自宅を改造したコンサートホールで、○○さんという表札が出ていますよ」と親切に教えていただきました。


果たして、100メートルぐらい進んだところに、大きな白いお屋敷が・・・。そして、○○という表札が出ていました。

受付で名前を言うと「お待ちしておりました」とのこと。
「何度かお電話したのですが」と言うと、「ああ、そう言えば電話鳴ってましたね」

時計を見ると、もう6時30分を過ぎていました。
会場は、地下にある小さなコンサートホールです。

ちょうど、曲と曲の間のようで、バイオリニストの板垣美沙緒さんが話をしていたところです。

私は、自分の席に滑り込みました。
なんと一番前の席だったのです。


一生忘れられない、コンサートとなりました!


児島洋子・板垣美沙緒



I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.



ごめんなさい。
許してください。
ありがとうございます。
愛しています。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ


■Mixiコミュニティ『ホ・オポノポノ研究会』
http://c.mixi.jp/hooponopono

■ツイッタ―
https://twitter.com/tontonponopono

■Facebook
http://www.facebook.com/tontonponopono

■「豊かに成功するホ・オポノポノ」トップページに戻る■
スポンサーサイト

テーマ : ホ・オポノポノ - ジャンル : 心と身体

01:44  |  ■河合政実体験記  |  CM(10)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |