ホ・オポノポノ ヒューレン博士 ジョー・ヴィターレ ハワイの秘法 船井幸雄 豊かに成功するホ・オポノポノ 2011年05月29日
fc2ブログ

2011'05.29 (Sun)

3回クリーニングしても名前が消えなかった!

I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.


初の単独著書となる新刊『とんとんのホ・オポノポノ実践記』の全国発売(5/31)まで、あと3日となりました。



アマゾンで予約販売中


 そこで、『とんとんのホ・オポノポノ実践記』の中から、一部をご紹介いたしましょう。


SBCのヒューレン博士


 2008年11月ヒューレン博士が再度来日することとなりました。

 そして、12月1日に京都の貴船で、ヒューレン博士をインタビューさせていただく時間を1日もらったのです。

 場所は「栃喜久」という料亭旅館で、朝の11時からインタビューがスタートいたしました。メンバーは、ヒューレン博士、ベティ、写真家の山崎兼慈さん、建築家の遠藤亘さん、錦織さん、わたしの6人でした。

 錦織さんと「栃喜久」に到着し、インタビューをいよいよ始める段になって、わたしはとても不安になってしまいました。
 その不安から、今から思うととても失礼な質問をヒューレン博士にしてしまったのです。

 「この本を書かせていただくのはとても光栄なことですが、そのようなことを本当にわたしがしてもいいのでしょうか?」
 
 博士は、わたしの顔をじっと見つめながら言いました。
 「河合さんみたいなタイプの人は、パーティには必ず必要ですよね。ほら冗談をいろいろ言って盛り上げてくれる人です。河合さんは人に愛される人です。この本を書くのはあなたです。そうでなかったら、わたしはここにはいません」
 
 「本当にそうなんですね。とても信じられなくて・・・」とわたし。
 
 「実は、わたしも最初そう思ったのです。えっ、河合さん! あの河合さんなの?」と笑いながら博士。
 
 「そこでクリーニングをしました。3回クリーニングをしてもあなたの名前が消えなかったので、わたしはここにいるのです」






I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.


ごめんなさい。
許してください。
ありがとうございます。
愛しています。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



■Mixiコミュニティ『ホ・オポノポノ研究会』
http://c.mixi.jp/hooponopono

■ツイッタ―
https://twitter.com/tontonponopono

■Facebook
http://www.facebook.com/tontonponopono

■「豊かに成功するホ・オポノポノ」トップページに戻る■
スポンサーサイト



テーマ : ホ・オポノポノ - ジャンル : 心と身体

00:38  |  ホ・オポノポノ  |  CM(8)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |