ホ・オポノポノ ヒューレン博士 ジョー・ヴィターレ ハワイの秘法 船井幸雄 豊かに成功するホ・オポノポノ 2010年09月30日
fc2ブログ

2010'09.30 (Thu)

ヒューレン博士との出逢い

I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.


 こうして、ヒューレン博士の2日間のベーシッククラスが始まりました。

 わたしは目を皿のようにしてヒューレン博士の言うことを聴き漏らすまいと意識を集中しました。
 しかし、それでも途中で寝てしまったことが何回もありました。なぜ眠くなってしまったのか、未だによくわかりません。


 お昼休みや休憩時間に何人かの参加者とホ・オポノポノについて意見を交わしました。

 当時は、参加者の多くの方が業界のプロやセミプロの方だったような気がします。すなわち、セミナーの講師、コーチングの先生、心理学者、カウンセラー、セラピスト、精神科医、ヒーラー、霊能者などです。
 一般の参加者と言うと、かなりの自己啓発オタクやマニアの方です。

 そして、参加者の多くの方がわたしと同じような感想を抱いていました。つまり「ついに本物に辿り着いた」「完璧なメソッドに出会った」「これこそ探し求めていたものだ」というものでした。そしてそれと同時に、あまりのシンプルさに頭の後ろをハンマーで叩かれたかのような衝撃を受けていました。

 なぜなら自分たちが過去に受けていた自己啓発セミナー、瞑想法、宗教、メソッドなどがもっともっと複雑だったからです。

 わたしもそういう複雑な秘法のようなことがあるのではないかと密かに思っていたので、本当に驚きでした。

 サンスクリット語で唱える呪文は必要ないのか、塩を何カ所かに撒く必要はないのか、早朝に起きて水をかぶる必要はないのか、凡字で結界を貼る必要はないのか、などです。そういう推測はことごとくはずれてしまいました。

 そのせいでしょうか。あまりのシンプルさのためにヒューレン博士の言っていることが理解できない方もいたようでした。それくらいわたしたちは過去のいわゆる“秘法”というものに毒されてしまっていたのです。

 一方で、勘違いからホ・オポノポノに対して、否定的になっていた方もいました。

 というのも、ジョー・ヴィターリの紹介の仕方が悪かったのでしょう。“風変わりなセラピスト”とか“奇跡のせセラピスト”というタイトルで、ヒューレン博士のことを紹介していたので、ホ・オポリポノのことをセラピーだと思ってしまった方がいたのです。

 現在はホ・オポノポノの本が何冊も出版されていますのでそのような誤解はなくなりましたが、当時は「ハワイの秘法」が出版されたかされないかくらいのタイミングだったので、そんな勘違いがあったのでしょう。
 
セラピストとしてヒューレン博士を見てしまうとどういう誤解が生まれてしまうでしょうか。
 
クラスのなかで、ヒューレン博士は時として質問に答えないことがあります。また、質問を途中で打ち切ってしまったり、遮ってしまったりすることもあります。
 実は、セラピーの世界ではこれはやってはならない御法度のことなので、それで、ホ・オポノポノに対して否定的になってしまった方がいたようなのです。

 しかし、ヒューレン博士がクラスのなかでしていることはクリーニングであって、セラピーでは決してありません。参加者の気持ちが和らぐようにセラピーをしているわけではないのです。


 クラスの2日目の朝、ベティがヒューレン博士をわたしに紹介をしてくれました。
 クラスが始まる前の時間帯に控え室で20~30分博士と話をさせてもらったのです。

 ヒューレン博士はにこやかに笑みを浮かべながらわたしの顔を見つめます。 
 わたしがドキドキしながらヒューレン博士に名刺を渡すと「わたしは名刺を持つという習慣がないので」と言います。

 そしてわたしの名刺を指でなぞりながらこう言います。“KAWAI”の“KA”はハワイ語では定冠詞で英語の“THE”と同じ意味。“WA”は水という意味。そして“I”は神聖なという意味。つまり“KAWAI”とは「神聖なる水」という意味だと教えてくれました。

 そして「おお、河合さん、あなたは日本の食の平和を創る仕事をするようになるでしょう」と嬉しそうに言うのです。しかし、ちょっと間を置きこうも言いました。「でも、あなたがしなければ他の誰かがするでしょう」

 現在までのところ、わたしの仕事はそちらの方向へ向かっていないので、恐らく他の誰かがしているのだと思います。



I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.




ごめんなさい。
許してください。
ありがとうございます。
愛しています。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



■Mixiコミュニティ『ホ・オポノポノ研究会』
http://c.mixi.jp/hooponopono

■ツイッタ―
https://twitter.com/tontonponopono

■「豊かに成功するホ・オポノポノ」トップページに戻る■
スポンサーサイト



テーマ : ホ・オポノポノ - ジャンル : 心と身体

23:46  |  ホ・オポノポノ  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2010'09.30 (Thu)

ベティとの再会

I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.


 「ハワイの秘法」を読んで衝撃を受けてわたしは、ホ・オポノポノやヒューレン博士に関する情報を夢中になってネット上で調べていました。
 
 するととても幸運なことに、今ヒューレン博士が来日しているという情報をキャッチしたのです。しかも、3日後にヒューレン博士のクラス(セミナー)が開催されるということに気がついたのです。
 

 「これは是非受けたい」「いや。受けるしかない」と思い、ホームページからクラスに申し込みをしようと思いましたが、既に満員になっていて、申し込みができなくなっていたのです。
 
 「困ったなあ!」「残念だなあ!」「何とか受ける方法はないものか・・・」と思い、何人かの人にこの話をしたところ、もの凄いシンクロが起きたのです。
 

 というのは、かつて20年ほど前に、自分が様々な自己啓発セミナーに夢中になって参加していたころ、その自己啓発セミナーオタクの仲間の一人がどうやらヒューレン博士と繋がりがあるらしいということがわかったのです。
 
 それが平良ベティさんでした。現在のホ・オポノポノ・アジア代表の平良ベティさんのことです。
 

 そこで、今でもベティと親交がある共通の友人を通して彼女の携帯電話の番号を教えてもらい、わたしは彼女に電話をしたのです。
 

 「ああ、河合さん、ベティです。お久しぶりです。お元気でしたか?」
 

 最後に会った15年ほど前と変わらない、とても透き通った声でした。それだけではなく、以前と比べて人間の優しさと深みが増した声を感じました。
 

 わたしは瞬間にして、ホ・オポノポノが本物であると感じました。
 

 「実は、ベティにお願いがあるのだけど、ベティが関係しているヒューレン博士のセミナーに何とか参加できる方法はないのかしら。日本の責任者に話をしてもらえないかしら」
 「実は、ヒューレン博士を日本にお呼びしているのはわたしなんです」とベティ。

 「えっ!そうなんだ。凄いね!」とわたし。
 「クラスに参加したいのですね・・・。わかりました。席を一つ空けますので、どうぞいらしてください」とベティ。


 こうして、わたしはホ・オポノポノのクラスに参加することができたのです。


 クラスの当日、わたしが受付へ行くと、そこにはベティが立っていました。

 背が高くてすらっとしていて、すぐにベティだとわかりました。以前と比べて透明感が増し、まぶしいくらいに輝いていました。


 実に15年振りの再会でした。



I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.




ごめんなさい。
許してください。
ありがとうございます。
愛しています。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



■Mixiコミュニティ『ホ・オポノポノ研究会』
http://c.mixi.jp/hooponopono

■ツイッタ―
https://twitter.com/tontonponopono

■「豊かに成功するホ・オポノポノ」トップページに戻る■

テーマ : ホ・オポノポノ - ジャンル : 心と身体

00:15  |  ホ・オポノポノ  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |