ホ・オポノポノ ヒューレン博士 ジョー・ヴィターレ ハワイの秘法 船井幸雄 豊かに成功するホ・オポノポノ 2010年05月24日
fc2ブログ

2010'05.24 (Mon)

幻想的で摩訶不思議な豊橋の2日間

I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.


今回の豊橋の滞在は2日間でした。


22日11時11分着(私の誕生日は11月11日です)の新幹線で豊橋に着くと、さっそくに鰻の名店の「寿月」でひつまぶしをいただきました。

豊橋寿月ひつまぶし

旨かったです!!

豊橋のこの名店に来たのはなんと20年振りです。



さて、講演会&懇親会&2次会も無事に済んで、翌日となりました。

朝の10時にホテルにタカユキくんとハナさんに迎えに来てもらいました。

そして、車でまず三河の国一宮の砥鹿神社(とがじんじゃ)へと向かいました。

とが神社里宮

砥鹿神社(とがじんじゃ)は、平地にある里宮と、霊山である本宮山(海抜789メートル)の山頂にある奥宮に別れていますが、まずは、豊川市に近い里宮を参拝させていただきました。

とが神社&タカユキくん
豊橋講演会コーディネーターのタカユキくん

とが神社&ハナさん
豊橋講演会サブ・コーディネーターのハナさん


参拝後、古民家を改築した創作和食のお店「紋屋」で、うどんと古代米のランチをいただきました。

豊川紋屋


続いて、本宮山山頂にある奥宮へ向かいます。本宮山に車が入るとと身体が神域に入ったことを感じて、緊張が走ります。

とが神社奥宮大鳥居

山頂付近の駐車場に車を止めて、車から降りるとあたりは霧が立ち込めて、まるで別世界が広がります。風が吹き荒れ、冷たい霧雨が身体に降り注ぎます。

とが神社奥宮鳥居

それでも覚悟を決めて参道を歩いていくと、時に風が強く押し寄せます。崖側の参道を歩いていたら崖から転落していたかもしれません。

とが神社奥宮ご神木

そして、ついに奥宮に到着。

とが神社奥宮本殿

祝詞を奏上して、河合一族の罪けがれをお詫びいたしました。
すると一瞬、吹き荒れていた風が止まるではありませんか。


おみくじを引くと「吉」。
今回の私の役目はこれで完了したと感じました。

(後で、タカユキくんが言うには、2日目の観光について、ペンジュラムでウニヒピリに観光地をいくつか聞いてみたら「砥鹿神社」を指したとのこと)


さて、時間もあるので、お茶でも飲もうということになり、近くの古民家でコーヒーを飲むことに。

途中車の外を見たら「長篠城址」との看板があり、例によって、古戦場の横を通ることになりました。気のせいかもしれませんが、誰かに足を掴まれるような感覚を受けました。

私の母方の藤巻家は甲府の旧家であり、武田家とも関係が深かったというので、これも偶然ではないのでしょう。

長篠の合戦の古戦場を車のなかからクリーニングさせていただきました。
亡くなった方の無念さ、悲しみを感じます。


古民家では、温かいコーヒーを飲み、まったりといたしました。

そして、子供のときに住んでいた昭和初期に建てられた家のことを想い出しました。壁や天井や雨戸や庭の木のことを想い出しました。

子供のときに庭の池に落ちて、大騒ぎになったことも想い出しました。


そして、いよいよ帰宅の途につきます。

奥宮へ行く道に「→クリーニング」と書いてある看板があったのですが、帰途の途中にもその看板の横を通り、結局その前をなんと5回も通ることになりました(笑)


そして、車を運転しながらタカユキくんが面白いことを言うのです。

「どうして、砥鹿神社を参拝しようと思ったんですか?」

「いや、特に理由はないよ。ここだという感じがしただけ」

「じゃあ、行ったことないのですか?」

「もちろん行ったこともない。名前を聞いたのも初めて」

「実は、うちの実家は、本宮山を超えたところにあるのです。何かあると僕はいつも砥鹿神社をお参りしていました。『砥鹿神社に行きたい』と聞いてびっくりしたのです」



幻想的で摩訶不思議な1日でした。

クリーニングのために、すべて必要なことだったのでしょう。


I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.


ごめんなさい。
許してください。
ありがとうございます。
愛しています。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



■Mixiコミュニティ『ホ・オポノポノ研究会』
http://c.mixi.jp/hooponopono

■ツイッタ―
https://twitter.com/tontonponopono

■「豊かに成功するホ・オポノポノ」トップページに戻る■
スポンサーサイト



テーマ : ホ・オポノポノ - ジャンル : 心と身体

タグ : ホ・オポノポノジョー・ヴィターレウニヒピリ船井幸雄砥鹿神社ヒューレン博士豊かに成功するホ・オポノポノみんなが幸せになるホ・オポノポノあなたを成功と富と健康に導くハワイの秘法心が楽になるホ・オポノポノの教え

17:42  |  ホ・オポノポノ  |  CM(6)  |  EDIT  |  ↑Top

2010'05.24 (Mon)

床に座って聴く「豊橋講演会」リポート

I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.


22日の午後は、愛知豊橋で88名の方にご参加いただき、タカユキくんのコーディネートの下、講演会「人生はクリーニング!!」を開催させていただたきました。

豊橋講演会

タカユキさんコーディネーターお疲れさまでした。タカユキさんらしい、クリーニングの行き届いた完璧な運営に感謝です!!

また、サブコーディネーターのハナさん、サポートしてくれた古香凛さん、ボランティアのみなさん、ありがとうございました!! 

おかげさまで用意した本も50冊完売いたしました。


話を聞いたところでは、会場のこども未来館「ここにこ」はかつての市民病院の跡地に建設されたということでしたが、とてもクリーニングがなされていました。

名古屋からの参加者の1人は「僕はここで生まれました。おかげさまでゼロ地点に戻りました」と言ってました。

クリーニングをサポートしていただいたタカユキくんを始めとする関係者の皆さまのご協力に心から御礼を申し上げます。

豊橋講演会2

また、今回初の試みで、床にカーペットを敷いて床に座って話を聞くというスタイルで講演会が行われました。私は会場設営のときまで、そのようにすることを聞いていなかったので、びっくりいたしましたが、すぐにクリーニングをして、落ち着いて話をすることができました。

終わってみれば、アットホームな感じで、とても温かい雰囲気の中での講演会となりました。


豊橋懇親会

講演会終了後は、駅前の居酒屋で、楽しく懇親会を開催いたしました。

懇親会が終わっても、半分以上の方がまだ帰りたくないような雰囲気でしたので、13人で駅前のホテルのラウンジでコーヒー&ココアでおしゃべりをいたしました。

豊橋懇親会2

参加者名簿をクリーニングしているときに、気になったMさんが偶然私の横の席にいたので、その方とラウンジでいろいろとお話をさせていただきました。何が気になったのか自分でもわからなかったのですが、会話をしているとその方の出身が岡崎であることがわかりました。豊橋という地は昔で言えば三河です。そして三河の中心は徳川家の本城があった岡崎です。

そのことに気づいたときに、何かが私のなかから剥がれおちました。
問題は、Mさんのなかにあったのではなく、私のなかにあったのです。

その瞬間そこにいたすべての人のなかから共通するものがはがれ落ちたのでしょう。「あれっ、何か突然肩が軽くなった」と数名の人が言い出しました。


とても不思議な夜でした。

豊橋で講演会を開催することになったのも、必要なことだったのでしょう。



さて、みなさんからコメントをいただければ有難く存じます。


I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.



ごめんなさい。
許してください。
ありがとうございます。
愛しています。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



■Mixiコミュニティ『ホ・オポノポノ研究会』
http://c.mixi.jp/hooponopono

■ツイッタ―
https://twitter.com/tontonponopono

■「豊かに成功するホ・オポノポノ」トップページに戻る■

テーマ : ホ・オポノポノ - ジャンル : 心と身体

タグ : ホ・オポノポノジョー・ヴィターレウニヒピリ愛知豊橋船井幸雄ヒューレン博士豊かに成功するホ・オポノポノみんなが幸せになるホ・オポノポノあなたを成功と富と健康に導くハワイの秘法

14:29  |  ホ・オポノポノ  |  CM(8)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |