ホ・オポノポノ ヒューレン博士 ジョー・ヴィターレ ハワイの秘法 船井幸雄 記憶を癒すアロマ 問題は自分のなかで起きている

2010'05.11 (Tue)

呪詛

I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.


書くか書くまいか迷いましたが、書くことにいたしました。

まず、念のために申し上げますが、これから書くことは“ホ・オポノポノ”とは何の関係もありません。


先日のこと、銀行での用を終えて、横浜駅を歩いていたら右の背中が痛くなった。しばらくすると胃のあたりも気持ち悪くなった。

これは、何かの現れだと思って、さっそくにホ・オポノポノでクリーニングする!

しかし、背中の痛みや気持ちの悪さは消えない。


銀行を出た直後だったので、お金のことを心配しているかと思い、その思いをクリーニング!

しかし、背中の痛みや気持ちの悪さは消えない。


東京で座談会があるので、とりあえず東海道線のホームへ向かう。

そうだ。さっき届いたメールのせいかもしれない。
彼女は最近凄くトラブルが続いているからそれを受けてしまったのだ!

そう思い、クリーニングする!

しかし、背中の痛みや気持ちの悪さは消えない。


東海道線のホームについたが、く、くるしい・・・!


アブラ汗が落ちる。

ぞうだ。これから行く東京の会合に問題があるのだ。
そう思い、クリーニングする!

しかし、背中の痛みや気持ちの悪さは消えない。


東海道線に乗るが、苦しくて、座っているのがやっと。

ホ・オポノポノを知ってから、何も効かないのは初めてのこと!

何が原因なんだろう・・・


そこで、やっと気がついた!

そうだ。これは『呪詛』に違いない!


パニックになる。

額から冷たい汗がぽとりと落ちる。


そこで、私が頼りにしているチャネラーへ助けて欲しいとメールを送る。


しばらくすると彼女からメールの返信が届いた。

「大丈夫です。メールを河合さんが送信する前、14時頃からシグナルはやって来ていてメールとともに、私のほうに移ったので、心配はないと思いますが、まだ、残留がありましたらメールをくださいませ」


ああ、助かったと思った。

しかし、痛みがとれない。


あとで、聞くところによると、この呪詛は彼女の得意とする分野ではなかったらしい。


東京に着いて、座談会の会場に入った。

苦しくて、別室で1人休ませてもらう。


そして、座談会が始まる。

苦しみながらも笑顔で話をするのは大変だ。

司会者や他の方々から心配されるが、どうしようもない。


2時間ほどの座談会があと15分で終わるというとき、痛みと気持ち悪さがすーっと消えていった。


後で聞けば、頼りとしているチャネラーさんは、彼女が得意とする分野でなかったので、別の天然チャネラーさんに応援をしてもらって、『呪詛』をはずしてもらったとのこと。

天然チャネラーさんからは「背中と胃に十字架がふたつありましたよ。パニックになるのは当たり前です。苦しかったでしょう。よく息ができましたねぇ。結構日本古来の形の呪縛でしたよ」と言われました。


様々な能力がある方がいらっしゃるのは知っていますし、私もかつて前世でそういうことをしていたらしいので、因果応報と言われてしまえばそれまでなのかもしれませんが、まさか平成の日本で『呪詛』を受けるとは思いませんでした。


それだけ、私の言動があちこちで波紋を投げかけているのでしょう。



しかし、なぜこのようなことが起きたのか、ひとつだけ思い当たることがありました。

それは、私がこの日の午前中にあるスタッフに怒っていたことです。顔は笑っていましたが、心のなかは煮えたぎるほど怒っていました。(このことは後日、自分をクリーニングしていて、“怒り”があったことに気づきました)

これは、無意識のうちに相手に『呪詛』をかけるに等しい行為だと思います。

それがこのことを引き寄せた(記憶を再生させた)のです。



そして、このことは、100%私の責任です。
すべて、私の潜在意識の過去の記憶が再生しているのです。


もう一度、念のため申し上げます。
この体験は、ホ・オポノポノとは一切関係はありません。


最後に、このページを読んだ方は、ご自身をクリーニングされることをおススメいたします。(「いったい私の潜在意識のなかに何があって、このような体験をしているのだろうか。ごめんなさい。許してください。ありがとう。愛しています。)



I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.



ごめんなさい。
許してください。
ありがとうございます。
愛しています。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



■Mixiコミュニティ『ホ・オポノポノ研究会』
http://c.mixi.jp/hooponopono

■ツイッタ―
https://twitter.com/tontonponopono

■「豊かに成功するホ・オポノポノ」トップページに戻る■
スポンサーサイト

テーマ : ホ・オポノポノ - ジャンル : 心と身体

タグ : ホ・オポノポノ ジョー・ヴィターレ ウニヒピリ 船井幸雄 ヒューレン博士 豊かに成功するホ・オポノポノ みんなが幸せになるホ・オポノポノ あなたを成功と富と健康に導くハワイの秘法 心が楽になるホ・オポノポノの教え

19:36  |  問題は自分のなかで起きている  |  CM(8)  |  EDIT  |  ↑Top

2010'03.28 (Sun)

人生の主役はあなた自身

I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.


ホ・オポノポノは宗教ではありませんので、難しい教義も経典もありませんし、教祖やグルもいません。

ホ・オポノポノでは、私たちの潜在意識のなかの情報(過去の記憶)が私たちの人生に問題を起こしていると考えます。

ですから、その苦しみの原因となっている情報を消去さえしてしまえば、「誰もが」すべての問題を解決することができるのです。これには例外はないのです。


ヒューレン博士は、セミナーで参加者が似たような質問を繰り返すと「あなたはどう思いますか?」という質問を逆にすることがあります。

というのも、「誰もが」自分を通じて「神聖なる存在(Divinity)」に直接繋がることができるので、わざわざヒューレン博士に答えを求める必要がないからなのです。

ヒューレン博士がもっとも恐れていることは、自分が教祖やグルに祭り上げられてしまうことです。そして、ホ・オポノポノが宗教のように組織化されたり、教会ができたりすることなのです。


“ALOHA”という言葉の本当の意味は「神の御前に」という意味だそうです。

誰かの前にいるということは、神の前にいるということなのです。すなわち、あなた自身のなかに「神聖なる存在(Divinity)」が存在するのです。ですから、わたしたちは、誰かに頼ったり、何かに依存したりする必要はないのです。


人生の主役は、あなた自身なのです。


I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.



4word.jpg

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



■Mixiコミュニティ『ホ・オポノポノ研究会』
http://c.mixi.jp/hooponopono



■「豊かに成功するホ・オポノポノ」トップページに戻る■

テーマ : ホ・オポノポノ - ジャンル : 心と身体

タグ : ホ・オポノポノ ジョー・ヴィターレ 船井幸雄 ヒューレン博士 豊かに成功するホ・オポノポノ みんなが幸せになるホ・オポノポノ あなたを成功と富と健康に導くハワイの秘法 心が楽になるホ・オポノポノの教え

16:49  |  問題は自分のなかで起きている  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

2010'02.07 (Sun)

すべての問題は自分のなかで起きている

I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.


わたしたちは、問題の原因は、自分の「なか」にあるのではなくて、自分の「そと」にあると考えてしまいます。

では、なぜ、そのように考えてしまうのでしょうか。

わたしたち人類は、地上に誕生して以来、常に外敵から身を守ることに、注意を払って生きて来ました。さらには、生命が地球に誕生して以来、自己の保身のために、地球上の生命は、外敵と戦うことを余儀なくされて来ました。

ですから、「外」に意識を集中する、あるいは問題を「外」に求めることは、人間であるが故の自然な本能なのです。


これに対して、ホ・オポノポノでは、世の中に起きるすべての問題は、わたしたちの潜在意識のなかの情報(過去の記憶)に原因があると考えます。

ですから、問題はすべて自分の「なか」で起きているのであって、自分の「そと」で起きている問題はないのです。


わたしたちは、問題を他人のせいにすることにあまりにも慣れすぎています。
「親が悪い」「妻が悪い」「夫が悪い」「教育が悪い」「会社が悪い」「社会制度が悪い」「景気が悪い」「官僚が悪い」「政治が悪い」「国が悪い」など・・・。どんなことでも他人や環境のせいに簡単にすることができるのです。


ホ・オポノポノの問題に対する考え方はまったく違います。

問題を考えるとき、「自分のなかの潜在意識に一体何があって、この現象を自分が生み出しているのだろうか」ということを常に探求するのです。そして、その情報(過去の記憶)を消去することによって、問題の原因を取り除くのです。

他人のせいにするのをやめて、自分の責任ということに気がつけば、恋愛も、ビジネスも、人間関係も、人生も、そして世界もまったく別のものとなるのです。

なぜならば、原因がすべて自分のなかにあるのならば、その問題に必ずアクセスすることができるからです。

誰かのせいにしている限り、問題自体に私たちはアクセスすることはできません。評論家やテレビの視聴者のように、一歩離れたところから無責任な発言をしているだけにすぎないのです。

原因がすべて自分のなかにあると気づいたなら、その問題に対して課題として前向きに取り組んだり、解決のための努力を進んで行ったりすることが可能となるのです。

さらに一歩進んで、何か問題がある人に出会うということは、自分自身をクリーニングする機会が与えられていると考えることができます。同様に何か問題が発生したとき、障害に阻まれたとき、それは自分にとって浄化するチャンスが与えられたとみることができるのです。

つまり、「問題はわたしたちが自分自身をクリーニングするために起きている」のです。問題を起こしてくれる人、運んでくれる人は、わたしたちがクリーニングをするための機会をわざわざ与えにきてくれるありがたい人たちなのです。


I'm sorry. Please forgive me. Thank you. I love you.



ごめんなさい。
許してください。
ありがとうございます。
愛しています。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



■Mixiコミュニティ『ホ・オポノポノ研究会』
http://c.mixi.jp/hooponopono



■「豊かに成功するホ・オポノポノ」トップページに戻る■

テーマ : ホ・オポノポノ - ジャンル : 心と身体

タグ : ホ・オポノポノ ジョー・ヴィターレ 船井幸雄 ヒューレン博士 豊かに成功するホ・オポノポノ みんなが幸せになるホ・オポノポノ あなたを成功と富と健康に導くハワイの秘法 心が楽になるホ・オポノポノの教え

09:35  |  問題は自分のなかで起きている  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |